若宮を抱く光源氏