フォト
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

風俗博物館の写真

  • 6:かさねの色目6
    平成21年3月24日
無料ブログはココログ

カテゴリー「平安装束体験」の77件の記事

2018年7月13日 (金)

【徳島県で】旅殿御所 社乃森(1)【平安トリップ】

6月上旬に平安ヲタの聖地『旅殿御所 社乃森』に宿泊してきました。
今回ご一緒して下さったのは去年末に時代やさんで物具装束やった際に
おつき合い下さったKさんですヽ(´▽`)/

お宿のスペックとかは過去記事を参考していただくとして…
今回は装束メインで書いていきたいと思います!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
↓↓↓過去記事はコチラ↓↓↓
2016年11月宿泊記
【三人寄れば】旅殿御所 社乃森(1)【かしましい】
2012年5月宿泊記
【思い出話】マタ旅de香川&徳島3【2012年】
2010年10月宿泊記
雲の上にてみる菊は(社乃森 壱)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
装束体験する場合は14時からチェックイン可能なので、
15分前に宿の駐車場に到着。
装束体験をする場合は、予約時に希望装束を伝えるのですが、
その時に具体的にあのお色のが着たい~などとお伝えしたところ
取り置きは不可で当日チェックインした順番に決めていただくとの事。
そうなったら何としてでも一番乗りしたいじゃないですか~。

今回のお部屋は「紅葉」。
間取りは何処の部屋も基本同じですが、
毎回毎回感動しちゃいます( *´艸`)

お部屋でチェックインと
ウェルカムお茶&和菓子をいただき一息。

装束体験は15時~。
それまでにウィッグを付けたりメイクをなおしたり…。
100cmウィッグをKさんにお借りしました。
ちなみにKさんは160cmウィッグ!!

お着替えは隣の隣…の客室だったかな。
この日は計7名の方が装束体験を希望されていたので、
装束が所狭しと用意されていました。
手際よく着付けていただき、
着替え終わったら更にお隣の客室へ移動して…
室内での撮影をしていただきました。

Dsc03445_1_2
社乃森さんでは宿泊費とは別料金で
十二単・直衣・小袿(袿)・狩衣が借りられます。
今回は二人とも十二単をチョイス。

私が着た十二単は唐衣が表裏紫で表着は表白裏黄、
打衣が白に五つ衣は上から濃くなる紫の匂、
単が白に袴は緋色。
Kさんが着た十二単は唐衣は表裏紅梅で表着は表裏萌黄、
打衣が紅梅に五つ衣は上から薄くなる紫の匂、
単が蘇芳で袴は緋色。
(色は写真見てテキトーに書いてます…)

Dsc03453_1
檜扇は持参したのを使わせてもらいました(軽いからw)
Kさんの檜扇がコチラで貸していただけるものです。

Misugoshi
御簾ごしにも撮ってもらいました(上)
御簾内では女房sがだべっておりました(下)

Dsc03474_1
十二単でやってみたかった、御簾を上げる女房の図。
女房装束着て御簾を上げるのはマジでキツイ。
腕がね…上がんないんですけど…(゚ー゚;

室内で撮っていただいた後はお外へ
…つづく(・∀・)

2018年6月15日 (金)

【平安時代へ】えさし藤原の郷(5)【タイムスリップ】

またまたずいぶんと間があきまして…
ええっと…何処からでしたっけ…

P1180343 
東の対の南廂から外を見るの図。
半蔀の上だけ開けて下半分は嵌めたままなので、
まるで窓のようです。
御簾ごしでも外が明るいと、
結構顔もしっかり見えちゃうものですな…
(なのでボカシを入れてます)

ココには俳句を詠んでみようコーナーがありました。
詠んだ俳句を入れるポストもあったり。
短歌(和歌)じゃなくて俳句かーいっとツッコミを入れつつも
一句詠める歌ごころがないのでわたくしめはスルー。

Higasi
東の対の東廂を北から見たところ(左)と
北廂を西からみたところ(右)

P1180417_1
東の対の東北の隅の簀子縁で女童とこんにちは。
右奥のちょっぴりこんもりしているトコロは築山。
背後の屋根は北の対。

P1180442
こちらは北の対の母屋。
母屋には撮影スポットもありました。
ここの畳は繧繝縁で偉そうな感じ( ̄ー ̄)

そうそう、北の対には市川染五郎さんが安倍晴明を演じた
2015年版のドラマ陰陽師の紹介コーナーがドカンとありました。

P1180480
寝殿の北西の隅から北の対の方を見たところ。
坪庭に植えられているのは梅でしょうかね?
行ったのは三月下旬でしたが、
東北の春はまだまだといった風情。

あと、北の対屋の縁側は高欄の無いタイプでした。

P1180467_1
お食事を作るキッチン…料理所(台盤所)です。
西の対屋の北側にありました。

P1180461
煙を逃がすためか屋根に窓が付いてるのが面白いなぁ~と。

P1180458_1
復元された平安貴族の食事の模型もいくつか置かれていました。
結構美味しそう。

P1180370
再び西の対に戻って…
ココの場所がお気に入り(笑)
そんなこんなで2時間ほど装束着て堪能させてもらいました。

装束を脱いだ後もカメラ持って殿舎の周りをウロウロ。

P1180510
渡殿の下を流れる遣水。
光源氏くんが薫物を埋めさせたのは、こういう所に…かな??

P1180535_1
寝殿造といえば南庭に大きな池と中ノ島。
この橋は、残念ながらわたるべからずの橋。
奥に見えるのは釣殿です。
中にコタツが置かれていました(・∀・)ぬくぬく

P1180524_1
伽羅御所全景。


伽羅御所を出た時点で14時を軽く過ぎていたでしょうか…。
上の方にもまだまだ見どころが沢山あるのですが、
(清衡館とか経清館とか金色堂とか…)
朝食をホテルでたらふく食べてきたとはいえ腹ヘリなのと
時間の都合で泣く泣く諦めました。。。
次は壺装束をお借りしてそちらの方の散策をしたいですね~。

今回体験した女官装束着付け体験と、
平安旅装壺装束体験は~7/1(日)と9/1(土)~11/30(金)まで。
夏季と冬季はやっていないようですのでご注意下さい。

平安旅装「壺装束体験」&「女官装束着付体験」実施中♡
(↑↑公式サイトへジャンプ↑↑)

えさし藤原の郷…ホント最の高に素晴らしいスポットですね。
これでもっと近場だったらなぁぁぁ。。。
また行きたいけれど、兎に角とぉぃぃぃ…遠すぎる( ノД`)シクシク…

2018年4月 1日 (日)

【平安時代へ】えさし藤原の郷(4)【タイムスリップ】

もうね、顔はぼかすからどうでもいいとして、
建物とか調度品とか装束のしどけない感じとか
どれもこれも見て欲しくて写真絞り込めないので垂れ流していきます。
生暖かい目で見守ってくれると嬉しいデス(;´∀`)

P1180423
寝殿と東の対屋を繋ぐ透渡殿を東対の北側から。
画面左側の屋根が東対で中央の建物が寝殿、右側の屋根が北対です。

P1180530
伽羅御所の東北の隅に作られた築山。
この築山から遣水が透渡殿の下を南庭へと流れています。

P1180287_1
これは北側の透渡殿を南から見たところ。
左奥が北の対で右側の建物が東の対。
北側の透渡殿は寝殿や東対より一段低くなっていて
高欄も付いておらず屋根部分は板葺き。

P1180300
こちらは南側の透渡殿を北から見た図。
左側の建物が東対になります。
この透渡殿は欄干付きの反り橋タイプ。

P1180413
南の庭から透渡殿。左側の建屋が寝殿。
庭から見上げるように撮ってもらうと小顔に写って良い感じ( ̄ー ̄)

P1180323_2
東の対から透渡殿。
奥は寝殿。

Isyou2
東の対にも装束の無料体験コーナーがあります。

P1180351_1_2
几帳や畳、調度品も置かれていていい雰囲気。

P1180347_1_2
横になってくつろぎのポーズ_(:3」∠)_

Tenjyou
横になった視線の先の天井。
もうちょっとまともな写真撮れれば良かったんですが…
上の写真が真上を向いて撮ってます。
一番高い棟木(?)に付いてる白い〇二つは多分火災報知器なので、
↑の写真参考にお絵かきする際は描いちゃダメなやつです(笑)
写真の右側は塗籠です。
こんなに天井高かったら冬場全然室内暖まらないだろうし
もの凄く寒いだろうなぁ…と。。


まだまだつづく…(・∀・)

2018年3月31日 (土)

【平安時代へ】えさし藤原の郷(3)【タイムスリップ】

前日は雨のぱらつくこともあったので、
寒かったら嫌だなぁと思っていたら、この日はとっても良いお天気。
ムスメの見事な晴れ女ぶりに感謝。

Dsc_4879
西の対の簀子縁で高欄に寄りかかって日向ぼっこ_(:3」∠)_
南庭の池や中門廊、釣殿が背景になるのでなかなかの撮影スポット。
中島の向こうに見えるのは4分の1スケールで再現された無量光院。

P1180487_1
西対の廂の柱に寄りかかって…。
奥に見えるのは寝殿です。
ずっとこのまま、まったりしていたい(´ー`)

P1180488_1
くつろいでいたら女童が呼びに来たので…

P1180247
寝殿の方へ来てみると…

P1180252
秀衡さん達が宴会の真っ最中でした。
御膳の上の料理まで精巧に再現されてて凄かったです。

えさし藤原の郷はレストランで平安時代の食事の再現料理
食べることができるのですが、要予約のしかも5名~
5名はハードル高いわぁぁぁぁ( ノД`)

この寝殿、結構な広さなのですが、
購入した『図録 歴史公園 えさし藤原の郷』によると、
寝殿の柱の間隔は通常3~3.6mのところを
2mほどに縮小して建てられたのだそうです。
つまり本来の寝殿はさらに1.5倍ほど広かったと…

P1180261_1
寝殿の東廂には投壺で遊べるスペースがありました。
中国から伝わった遊びで「つぼうち・つぼなげ」とも。
日本じゃあまり流行らなかったみたいなことがwikiに…。
江戸時代に流行った投扇興は投壺をもとに考案されたそうです。

P1180269_2
寝殿北廂を東廂の角から見たところ。
手前二間は塗籠です。
廂は通路としてだけじゃなく、几帳や屏風といった
屏障具で仕切って女房などの局にしたりもしました。

P1180256
寝殿南廂。
ムスメの腕が脇から出ていたり、
私の左前身の袿がトンデモナイ事になってますが、
当人たちは気づいてません(汗)
動き回っても装束が酷い状態にならないよう
気配りできるようになりたいなぁ。
(装束着てるとコーフンしすぎてそんな精神的余裕がない…)



まだまだつづく…(・∀・)

2018年3月30日 (金)

【平安時代へ】えさし藤原の郷(2)【タイムスリップ】

リアル寝殿造を目の前にして、
うひょうひょ言いながら、写真撮りに走りたい衝動を抑えつつ
近くにいたスタッフさんに装束体験の予約をしていた旨を伝えると
中門廊上がってすぐの侍所に案内されました。

お着替えの場所が、もう既に寝殿造りの建物の一部ってのが
テンション上がります( *´艸`)

女官装束(袿姿)はあらかじめ予約時に
着たい装束の色をお伝えします。
色は赤・朱・紫・ピンクの四種類。
チラシの画像の女官装束体験と壺装束体験用の袿ですね。
女の子衣装は実物を見せてもらってから装束を選びました。
赤・白・ピンクの三種類だったかな…。
袿と単との組み合わせは決まっているみたいでした。

Hitoe
淡縹色の単、とても綺麗で欲しいなぁ(おいw)
ムスメもテンション↑↑↑で終始ニッコニコでした。
女の子衣装は小袖は濃き色でしたけど長袴は紅でした。

女の子衣装には檜扇と釵子に赤い日蔭絲が付いた髪飾りが付きます。
ムスメっ子、釵子は拒否(ナイス)
女官装束(袿姿)体験の方には檜扇は付きませんので持参しました。

P1180192
まずは西の対屋にオジャマシマス。
ココで写真お撮りくださいといった感じで室礼がセットされています。

P1180165_1
なので早速ムスメと一緒に。

Muryou1
西の対の母屋には無料体験用の装束がずらり。
これらを取っ替え引っ替え着て遊ぶだけでも楽しそう。

P1180175_1
西の対は防寒の為かガラス戸が入っていたり
ストーブが置かれてあったりと現代人にやさしい仕様。

Asobi
貝覆いや偏つぎ、お手玉に双六等々、平安の遊びコーナーもありました。

P1180201_1
塗籠の前に几帳が置かれていたので、
几帳の影からこんにちは…と。

スタッフさんは最初の方にちょろっと付いてて下さっただけで、
あとは時間まで(約二時間)伽羅御所内ご自由にどうぞと
放牧されます(笑)
気兼ねなく好き勝手(もちろん常識の範囲内で)
やらせていただけるのは本当にありがたいです。

つづく…( ̄ー ̄)

2018年3月29日 (木)

【平安時代へ】えさし藤原の郷(1)【タイムスリップ】

ベッタベタなタイトルでお恥ずかしい限りですが、
気分はまさに平安時代へタイムスリップでした。

岩手県奥州市(いつの間にか合併してたのね…)にある
自称みちのくのハリウッド『歴史公園 えさし藤原の郷』
今から25年ほど前に、
もともとはNHK大河ドラマ「炎立つ」のオープンセットとして作られ、
撮影終了後も歴史公園として使えるよう整備されたのだそうで、
その後も様々なドラマや映画のロケ地となって今に至っています。

そして日本で唯一、復元された寝殿造りの建物一式がある場所。
平安ヲタとして一度は行ってみたい聖地の一つですが、
「みちのおくのくに」って言われるだけあって遠い遠い…
尾張の国からは車で行ったらナビ様曰く9時間半。
公共交通機関で行ったら約7時間と…もう行くだけで一日がかり。

今回は東京まで娘と二人で新幹線で行って、旦那さんと合流。
そこから車で二泊三日の岩手&宮城旅行として行ってまいりました。

旅行記仕立てで書くといつになるかわからないので、
とりあえずメインのえさし藤原の郷の事を書いちゃいます(・ω・)ノ

Dsc_4866
歓迎『ようこそ平安絵巻へ えさし藤原の郷』歓迎

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

さてさて、入場券を買う際に
有料の衣装体験の料金を払います(もちろん事前予約済み)
十二単や束帯等の正式十二単着付け体験だと入場料込みなのですが、
女官装束体験と壺装束体験は入場料は別途のお支払い。
ちなみにムスメの女の子衣装は正式十二単(以下略)の扱いになるので
体験料に入場料が含まれていますが、
そもそも幼児は入場料が無料っていう…(;´∀`)
入場料はJAF割引が効きましたのでちょっとお安くなってラッキー。

1cc5dd27be22803418457c72070b464e
(画像は公式サイトから拝借)
十二単はちょっと高いので、
壺装束で散策かな~…と思っていたら
今年の3月から期間限定で女官装束(いわゆる袿姿)での
体験が新設されたのでそちらを予約しました。

前日泊まった鳴子温泉のホテルを出たのが9時半頃。
えさし藤原の郷に着いたのは11時ちょっと前。
装束体験は11時半から。
10~15分前には来て下さい…との事なので、
色々と見て回りたい所ですが、
とりあえずお手洗いを済ませて伽羅御所へ…。

P1180562_2
築地塀に囲まれた伽羅御所の表門。
この奥に夢にまで見たリアル寝殿造りの建物がっ!!!

Dsc_4869_1
中門を入るとそこには
光輝く白砂に照り映えて立つ伽羅の御所。
設定としては藤原秀衡さんのお家のなのでしょうが、
私の脳内では行成さまんちキタ――(゚∀゚)――!!となっておりました。

2018年3月13日 (火)

ねんがんのマイ装束を手に入れたぞ!

先日のTwitterより…

ついに…

とうとう…

買っちゃいましたぁぁぁぁヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ

Dsc_4745_1
小袿一式(平安時代風ver.)でっす。
近現代の小袿は丈が袿と同じもしくは袿よりも長く、
また表地と裏地に中倍という布を加えて仕立てられますが、
より古い時代の小袿はその名の通り丈が短かったそうです。
裳唐衣の女房装束(いわゆる十二単)に次ぐ準正装で、
主に主人格の女性が、あらたまった場で着用しました。

P1180018_1
小袿は白の二倍織物で
地紋は薄萌黄色の雲立涌、上紋は唐花の丸。
裏は薄青で柳重ね。
裏地を見せる「おめり仕立て」ではなく、
見せない「けぬき合わせ」で仕立ててもらいました。
中倍はナシです。
※御神宝として現存している小袿の複製ではありません念のため。

Dsc_4749_1
小袿を脱いで袿姿。
袿は当初は赤系にしようと思っていました。
お店に訪問した際に見せていただいた袿が、
蘇芳系の暗い赤でドンピシャ好みだったのですが
丁度反物が在庫切れ…( ノД`)
反物を見て現地でキュンときたこの薄青(↑)と、
他の赤とでグルグル悩みました。
もともと袿は赤にしようと考えていた事もあって赤で発注しましたが、
帰宅後やっぱり薄青が良い!と思い返して
急ぎ連絡してこちらで仕立ててもらいました。
赤にしていたら全然違う印象になっただろうな~。

P1180017
袿は薄青の二倍織物で
地紋は小葵紋で上紋は浮線蝶の丸。
裏は紫で…重ねの色目は気にせず
フィーリングで選んだので(をい)何でしょ?
これも裏地を見せないけぬき合わせで仕立ててもらいました。

Dsc_4752_1
袿も脱いで単袴姿。
夏場のオフ時は長袴に透け&シャリ感のある
生絹で作った単のみを着ていたそうです。
(この単は残念ながら透けませんw)
見ての通り単も袖に振りのない筒袖で仕立ててもらいました。

P1180014_1
単は黄色で幸菱。
個人的には単の色は青(萌黄)が好きなんだけど、
見せてもらった物がかなり鮮やかなグリーンで
ちょっと好みと違ったんで却下(萌黄にうるさい人)
赤は長袴と色が被るので個人的に×。
ピンク鴇色は自分のカラーじゃないし、
白は汚れが目立つからダメ…といった感じで
消去法で黄色になりました(笑)

Dsc_4755_1
最後に長袴。
もちろん色は紅で。
袴はあえて平安時代風にはせずに現行の仕様で。
フンパツして化繊だけど精好の引き返し仕立にしたので
ピンピンに張ってて良い感じ。
こっちの方が白拍子や大腰袴やった時に見栄えがいいかなって…。
水干持ってないケド(´・ω・`)

2018年3月 6日 (火)

【究極の】裙帯比礼の物具装束(2-2)【女房装束】

物具装束の体験が出来る機会は
そうそう無いだろうからと…写真ペタペタ。

1513645509596
巻子持ってきたよ~(膝行してるつもり…)

P1170763_1
脇息に寄りかかって源氏絵見てるよ~

Dsc02420_1
物具キャンペーン(とその前の典侍キャンペーン)の時は
几帳に加えて壁代もあったので、
御殿内の局にいるような雰囲気の写真が撮れて良かったです。
ぜひ今後も壁代を常備してくれると嬉しいな~なんて。

P1170792_1
十二単の振り返った姿は衣や裳に動きがでるので好き(*´ω`)

P1170779_1
巻物おっぴろげた立ちポーズ。
昔から一度やってみたかったんだコレ。

P1170743_1
そうそう、Twitterにも載せたけど、
髪の流れをわかりやすいよう明るさいじった写真。
よくぞこの髪型を再現してくださいました。
ありがたや~ありがたや~。

最後に…

P1170862_1
貴重な物具装束の空蝉。
今回ご一緒したKさんが脱がれる際に
お願いして空蝉にしてもらいました。
こちらの鮮やかな赤に鳳凰紋の袿も素敵でした~。

さて…念願の物具装束を着る事ができたので、
着たいと思っていた平安装束はこれでほぼクリア?!
いやいやまだ着たことない装束いくつかありますが…
武官束帯とかアレとかアレとか…

今後どうしようかなぁ('A`)

2018年3月 2日 (金)

【究極の】裙帯比礼の物具装束(2-1)【女房装束】

…内侍二人出づ。その日の髪上げ、うるはしき姿、
唐絵ををかしげにかきたるやうなり。
左衛門の内侍御佩刀とる。
青色の無紋の唐衣、裾濃の裳、領布・裙帯は浮線綾を櫨緂に染めたり。
表着は菊の五重、掻練は紅、
…(中略)…、
弁の内侍はしるしの御筥。
紅に葡萄染の織物の袿、裳・唐衣さきのと同じこと。

                 
                新潮日本古典集成 『紫式部日記・紫式部集』より

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さて、午後からは再度物具装束でゴザイマス。
どうせ二回やるならメイクも装束もガラッと変えたかったので、
一旦メイクは全部落とし、改めて白塗り&眉潰ししてもらっての殿上眉。
前回マロ風メイクやってもらった時も似合わないなぁと思ったけど、
やっぱり今回も似合わなかった(爆)
でもやりたかったし楽しかったのでOK。

単は濃萌黄、五つ衣は紅の匂?薄様?
山吹色の打衣に朱色の表着。
表青(縹)裏赤の唐衣。
袴はやっぱり紅色で。

P1170806_1
自分の中の物具装束の原点でもある、
『日本女性服飾史』ないし『日本服飾史 女性編』の
物具装束に近づけたかったので、表着は赤系をチョイス。

006_2
頭の宝冠に見立てた飾りは今回は外してもらいました。
こちらの檜扇は持参したものです。

Dsc02439_1_3
某装束店さんに「平安時代風に」とお願いして誂えていただいたので、
近世以降のいわゆる大翳よりもふた回りほど小さいですが、
とても軽くて実用的(?)な檜扇です。
(参考にしてもらった扇面の絵は室町期のだけど)

007_1
主上に唐菓子たてまつる内侍。

P1170802_2
唐菓子つまみ食いする内侍。
(片膝立てて座ってます)

P1170812
「ねぇねぇ、唐菓子あるんだけど食べる?」な感じで
几帳の向こうの同僚に声をかける内侍
あぁぁああぁ、この袖のたわんでる感じとか最高じゃないですか!?


需要あるかわからないけど、
片膝立てて座ってる写真垂れ流し。
正座は室町時代後以降一般的になった座り方で、
平安時代の女性は片膝立てた座り方が普通だったそうな。

P1170794_1
装束を着た状態で片膝立てて座るのって、
腰をどこに落ち着けたらいいのか毎回結構悩む…。
そして袖の単と五つ衣の混ざり具合が(*´Д`)ハァハァ

P1170796_1
ちょっぴり俯瞰で。
この整えてない衣のしわ寄った感じとか!!

P1170798_1
自分の膝に寄りかかって座ってます。
現代だとお行儀悪いって言われちゃいそうな
か~な~り、くつろぎモード。


もう少し続けてもいいですか?

2018年2月28日 (水)

【究極の】壺装束でお散歩【女房装束】

物具装束その(1)の後、
装束を脱ぎメイクを軽く修正してもらいまして壺装束にお着替え。
スタジオではKさんが水干の撮影をされていましたので
脇のお部屋で着付けてもらいます。
時代やさんでは四度目の壺装束ですが、
今回は歴世服装美術研究会編の「日本の服装〈上〉」に掲載されていた
壺装束(物詣姿)を参考に、袴は無しで髪を袿に着込めてもらいました。

Tubo3
折角なのでポーズも本のまねっこ。
時代やさんのこの袿、
参考にした本の袿と柄がそっくりなんですよ~。
本の袿は「青地黄格子撫子円文の浮織の袿」だそうなので
流石に色は違うようですが、白黒だからわからんね(・∀・)
以前もこの袿で壺装束やりましたが、
これも何かのご縁と、袿もこちらのでお願いしました。

Tubo2
後ろ姿はこのような感じです。
髪を袿にINするためにかなり衿を抜いてます。

012_1
慣れない徒歩に疲れちゃった…と、へたり込みw


水干姿のKさんと一緒に30分ほど散策もしてきました。

Dsc02200_1
12月の寒空の中、二人とも元気に裸足です(笑)
この時はKさんにガチの藁草履をお借りしました。
歩いていると足の裏と藁との摩擦で熱持つのか、
足元の寒さは全然感じなかったですし、
履き心地も良かったです。

Dsc02215_2
複数人での散策時は付き添い無しですが、
この時は猫が好き。変身体験LOVEのEさんが
カメラマンを買って出て下さり
ツーショット写真をいっぱい撮って下さいました。
ありがとうございます。

P1170647_1
竹林に小柴垣…風情あっていいよねぇ~。

より以前の記事一覧