フォト
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

風俗博物館の写真

  • 6:かさねの色目6
    平成21年3月24日
無料ブログはココログ

カテゴリー「雛人形」の21件の記事

2016年2月10日 (水)

お雛さま飾りました!

先週末に娘の雛人形をかざりました。
雛人形は節分後(立春後)の
大安の日に飾るのが良いらしいですが、
節分後の大安ってなると今年は2月12日まで無いので
待てるかー!!って事で(*´ω`*)

P1090799
ムサクルシイ我が家が一気に華やかに。

Hina
うっとりです…( *´艸`)

2016年1月25日 (月)

早くこいこい♪ひな祭り♪

ブログ解析をボケーっと眺めていると
最近雛人形関係の検索ワードで
うちのブログに流れ着いている方が結構いらっしゃるご様子。
1月は初節句のための雛人形購入のピークだからかな。

参考になるのかわかりませんが、
うっかり漂着してしまった方のために
ブログ内の雛人形関連の記事をまとめておきます↓↓↓

1)赤様の雛人形

2)雛人形の下見 ~その1~ ←我が家が買ったのはココ

3)雛人形の下見 ~その2~

4)雛人形の下見 ~その3~

5)雛人形の下見 ~その4~

6)つるし雛を買いに

7)ようこそお雛さま

8)お雛様解体新書【女雛編】

9)お雛様解体新書【男雛編】


早くお雛さま出したいな(*´▽`*)!

P1040886_1

2015年2月26日 (木)

今日のお雛さま

ムスメが雛人形の前でゴソゴソやっていたので
何事かと思えば…

P1040932
お雛様にお寿司のお供えが(*´Д`)

P1040933
なんか微笑ましいのでこのままにしておこうw

このちりめん細工のお寿司は、
京都の嵐山ちりめん細工館で購入したもの。
このお店は可愛らしいちりめん細工が沢山あって、
見ているだけでも楽しいので、
嵐山に行った際は時間があるとついつい立ち寄ってしまいます。


楽天ショップだとセット販売しかしていないみたいですが、
実店舗だとばら売りしています。
一個200円もしなかったかと。

2015年2月 8日 (日)

お雛さま飾りました(*´ω`*)

ホントは節分が終わったらすぐにでも飾りたかったお雛さま。
半物置と化していた和室を片づけるのに手間取りまして、
やっと飾ることができました('A`)

P1040886_1
一年ぶりお雛さま(*゚▽゚)ノ

P1040897
相変わらず美しくてうっとり(*´Д`)

P1040893
寒々としたムサイ我が家が
一気に春が来たような華やかな空気に包まれます。
いいね!いいね!

P1040882_1
そして…さっそく檜扇で遊ぶムスメ( ゚Д゚)‼

2014年2月28日 (金)

雅楽な雛道具

以前ムスメの初節句のために雛人形を物色していた際に
ネットで雛道具が雅楽器一式の雛人形を見かけました。
人形が自分の希望に添わないものだったので
購入候補にはなりませんでしたが、
雅楽な雛道具ほすぃなぁ~(涎)と思っておりました。

で、先日何の気なしに『雅楽 雛人形』で検索してたら・・・


単品(?)で売っているのを見つけたっ。
そして想像をはるかに上回るお値段に(@_@;)
写真を見る限り、小さいけどしっかりした作りのよう。
でも6.7マソは高すぎるわ~
ほ・・・本物で我慢しよう・・・笛しかないけどw

2014年2月 4日 (火)

雛人形出しました

2月4日は節分後すぐの大安かつ立春。
出すなら今日でしょって事で
ムスメっこと二人で雛人形を飾りました。

一歳児と一緒になんて無謀かなぁ…と思いつつ

ローテーブルに毛氈を敷いた瞬間、
もの珍しいのかテンション上がるムスメっこ。
真っ先に置いたつるし雛を見て「わぁv」と言って手にとってましたが、
特に乱暴に扱う様子もないので好きにさせてる。
御伽犬の土鈴が気に入ったのか高杯に2 匹載せて遊んでいたりw
ひなまつりの曲が流れるオルゴールは
一度鳴らしてやると終わる度に回せと持ってきます。
被布の袖に手を突っ込んで無理やり着ようとしてるので、
着せてやるとご満悦w
流石にメインのお雛様本体を飾る際は
「やーめーてー><;」ってな事になるんじゃないかと
内心冷や冷やしてましたが、
お内裏様の装束にそっと触れただけで、
あとは何回も何回も頭を下げてご挨拶してました。

飾り付け 終わって、和室から出る際にはバイバイしてた。
我が子ながら可愛い奴(*´∀`*)

2013年3月 6日 (水)

宴のあと

お雛様片付けてたんだが、防虫剤が無いことに途中で気がついた…
近所のスーパーにも売ってない。。。

赤様には悪いが、ひな祭り後すぐに片付けてしまうのは惜しいと思っていたのでこれ幸いとばかりにもうしばらく飾っておこうw

Dsc05924_1

2013年3月 1日 (金)

お伊勢参り

気分転換にお出かけしてきました第二弾。
先週末、伊勢に日帰りで行ってきました。
もちろん赤様も一緒。
赤様にとって初の県外旅行となりました。



秋に第62回式年遷宮をひかえる伊勢の神宮。
遷宮の年だからなのか…かなりの人出でビックリでした。

Dsc05667_1

衝撃の内宮正宮前!!
人が階段下までビッシリです( Д) ゚ ゚

お伊勢さんは過去に何度か参拝したことがありますが、こんな凄い人出は初めてです(まぁ、正月はもっと凄いらしいですが)
御神前までたどりつくのに一体何十分かかることやら…
流石に赤様連れてこの人の群れに飛び込む勇気は無かったので、階下から遥拝してその場を去りました。

荒祭宮をお参りして(こちらも行列だtt)五丈殿の方に戻ってくると、注連縄に囲われた石?に手をかざしている人が沢山いました。
その日の寒さも相俟って、はたから見てるとなんだかストーブに手をかざして暖を取ってるかのように見えて面白かった。
パワースポットにでもなってるんですかねw



おかげ横丁も混んでましたが、こちらは休日だしこんなものかな?って感じ。
お昼はすし久さんでいただきました。

Dsc05679

ひな祭りにちなんだ「ひな膳」をいただいて一足早くひな祭り気分に^^
赤様ぐずっちゃうかな?と内心ヒヤヒヤでしたが、隣に座っていたおばさま達に愛想を振りまいて可愛がられておりました。
さすが赤様gj


おかげ横丁はおひなまつりムード。
赤福本店向かいではひな祭り関連の小物等が多数売られておりました。

そこに、ひな飾り用に欲しいと思っていたお伽犬を発見!

↑と恐らく同じモノで、楽天のより300円ほど高かったけど送料がかからない分お得!って事で購入いたしました(*^-^)
楽天のは送料だけで950円ぐらいしたので…

Dsc05684

さっそくお雛様の前に飾ってあります。
手作りなのか非対称っぷりがハンパないですw
でも左の子が右の子をチラ見してるようで可愛いです。
旦那さんには人面犬!とか言われましたが…

2013年2月13日 (水)

お花をあげましょ♪

楽天で注文していた桃の花としだれ桜の造花が届いたので、
さっそくお雛様にあげてみた(゚ー゚)b

Dsc05534_1_2

桃の花だけでも良かったような気もするが…気にしないw

Dsc05545_1_2

全体図はこんな感じ。
やっぱ華やかさが一気に増しますねぇ。


桃の花、生花にしようか悩んだんだけれども、
管理の点と毎年使えるって事から造花にしました。
生花は買ったはいいけど、
ひなまつり当日前に枯れた!なんてことになったら最悪なので…
ちゃっちかったらイヤだなと内心心配でしたが、
若葉の新芽やつぼみが付いてて結構リアルなので良かったw

薄いピンクを買ったけど色もとても綺麗です(*^-^)

しだれ桜♪【造花】【未触媒】

しだれ桜♪【造花】【未触媒】
価格:399円(税込、送料別)


しだれ桜は左近の桜・右近の橘がどーしても頭から離れなくて買ってしまった(^-^;
橘の造花が無くて残念。
雛人形用の単品の桜橘も見てみたけど…見た目イマイチなわりに高い。
桁が1つ2つ違うもの(-_-メ)

2013年2月10日 (日)

お雛様解体新書【男雛編】

お待たせしました。
我が家のお雛様、男雛編です(゚ー゚)b


装束はともかく、女雛の髪型にこだわって人形を探し回りましたので男雛は二の次(^-^;
でも、結果的にか~な~りナイスな男雛になりました。

Dsc05496_1

平安ヲタ的にはまったく違和感ないのですが、衣装着の雛人形をお持ちの方・見慣れた方はお気づきになられるでしょうか。

Dsc05500_1

一般的な衣装着の男雛は冠を懸緒で留めてますが、この男雛は懸緒がないんです。
平安時代の冠と同様に髷に笄を挿して留めているのだそうです。
お陰で顔周りや胸の辺りがスッキリなのです!

Dsc05492_1

もちろん男雛も『書き目』。
すごく細かい筆捌きに惚れ惚れします。
イケメン(゚▽゚*)

Dsc05218_1

横からのお姿。
束帯の袍の色は白というよりは生成り色かな?
女雛の唐衣とおそろいの三重襷地向蝶丸です。
実は黒袍の男雛と最後まで迷った…というか自分の好みとしては黒袍の方が良かったのですが女雛の装束とお顔でこちらになりました(゚ー゚;
まぁ、忘れがちですが(をい)あくまでも赤様のお雛様ですから、黒袍で地味になるより華やかさがあってこれはこれで良いんじゃないかと。

Dsc05222_1 Dsc05223_1_3

魚袋と石帯の石もちゃんとついてます。
石帯が下襲の裾ごと縛っちゃってる点については…
まぁ、石が見えるように着つけちゃってる男雛に比べればマシかなって事で('Д')

Dsc05288_1_2

男雛のお尻はこんな感じ(/ー\*)
襪もちゃんとはいてます(脱げかけてる右足は後で直しておきましたw)し、表袴のお股の紐もちゃんと付いてます。
このへんは雛人形の購入する際の目利きポイントとして紹介されていたりします。
まぁ、実際買う際は背面はともかくお尻まで見るのって店員さんがワザワザ見せてくれない限り難しい気もしますけど…

Dsc05509_1

衣装着の男雛って肩が張りまくってるのが多いのですが、この工房の男雛はとっても自然な感じ。
強装束の肩パット感より萎装束のソフトな感じが好きな身としては、かなり満足のいくシルエットです(注:このお雛様は萎装束ではないですけどね)

Dsc05497_1

最後に、作札。
石川潤平工房のやすひろさんって方が作られた雛人形になります。


以上、我が家のお雛様紹介でした(*゚▽゚)ノ