フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

風俗博物館の写真

  • 6:かさねの色目6
    平成21年3月24日
無料ブログはココログ

« 2018年4月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月の3件の記事

2018年6月21日 (木)

【伊東】吹きガラス体験【伊豆クラフトハウス】

伊豆旅行二日目は「伊豆クラフトハウス」さんで吹きガラス体験。
こちらは元々計画していたのではなく、
たまたま泊まった宿の客室に置かれていた観光ガイド本に載っていたから…。
実はお茶摘み体験したい一心だったので
他の旅程な~んにも考えていなかったんデスネ。
ま、伊豆なら行けば何かしらあるだろう!みたいな(・∀・)

5歳の子供でも体験出来るのかちょっと心配でしたが、
風船を膨らますことが出来るならOKとの事でしたので、
ムスメと二人で体験しました。

吹きガラスで作ることができるのは
コップ・マグカップ・ぐいのみ・一輪挿し・お皿に小鉢…だったかな。
あ、あと期間限定で風鈴もありました。
スタッフさんが具体的に何を作れるか丁寧に説明してくれて、
見本を参考に形や色・柄などを決めていきます。
オプションで名入れなんかも可能。

P1180956_1
熱々のガラスの塊を付けた細い鉄(?)パイプをくわえて
ぷふーっと息を吹き入れ…

ちょこっと膨らんだところで
P1180960
細かい色ガラスの粒を付けて模様をつけます。

P1180961
炉の中で再度過熱して…

P1180965_1
濡れた新聞紙の上でコロコロ転がして形を整えて…

P1180969_1
もう一回、今度はおもいっきり息を吹き込んで膨らませます。

P1180972_1
火バサミみたいなのでくびれを作ったり、

P1180982
コップの口を広げて形を整えたり…
スタッフのおにーさんがうまい具合にフォローしてくれるので、
5歳児でも問題なく作業ができてます。
全く私が手を出す必要はありませんでした(・∀・)

Cup
仕上げの取っ手は難しいのでスタッフさんがやってくれました。

P1180991_2
最後に作ったマグカップと一緒に炉の前で記念撮影(・∀・)v

作ったマグカップは冷ます必要があるので、
後日宅配便での配送。
色ガラスは冷めると発色が良くなるそうで、
どんな感じに出来上がってくるのかとても楽しみでした♪

P1190575
手前がムスメ作、奥が私作。
二人とも初めての割にはイイ感じにできたんじゃないでしょうか。

伊豆クラフトハウスさんでは吹きガラスの他に、
トンボ玉やサンドブラスト・スタイルビーズのガラス工芸体験もできます。
午前中のかなり早い時間に行ったので、
予約なしですぐ体験できましたが、
後から後から体験希望の人が来ていたので予約はした方が無難かも。



伊豆クラフトハウス
http://www.izu-crafthouse.org/pg/about/about.html

2018年6月18日 (月)

【伊豆】世界遺産の横で茶摘み体験【蔵屋鳴沢】

一度やってみたかったお茶摘み体験。
茶摘みだけなら結構あちこちで体験可能ですが、
衣装体験好きとしては茶娘の格好をして茶摘みしたい!!
というわけで5月某日、
静岡県伊豆の国市にある蔵屋鳴沢さんに行ってきました。

P1180935_1
世界遺産の韮山反射炉のすぐお隣。

蔵屋鳴沢さんは体験料に茶娘の貸衣装代が含まれていますので、
老若男女問答無用で茶娘に変身できちゃうってのがポイント。
あと、web予約できちゃうってのも個人的ポイント。
(電話予約苦手^^;)

Dsc_5037
衣装着たムスメがめちゃくちゃカワ(・∀・)イイ!!
本人もニコニコ大喜び。

お茶摘みの簡単なレクチャーを受けて
約30分間のお茶摘み体験スタート。

P1180923
スタッフさんが家族3人一緒に撮ってくれました。
もちろん旦那も衣装着てます。
非常に似合っておりました(笑)

P1180914_3
茶摘みしていたら雲間からちょこんと富士山が!!

韮山反射炉と富士山と
ダブルで世界遺産が拝めるなんて贅沢だわぁ~♪

P1180930
摘んだお茶がこちら。
三人分デッス
(ってもムスメはほぼ戦力外、私は写真撮りまくり…で旦那さん一人で頑張ってたw)
行ったのが5月下旬で新芽はかなり獲り尽されていた感があったので、
量欲しかったら、もう少し早い時期に行った方が良いのかもしれません。

茶摘み後、着替えて製茶工場見学…でしたが、
タイミングが悪かったのか土曜日だからか、製茶ラインは動いておらず残念。
でも工場内はお茶の良い香りに満ち満ちていました( *´艸`)

工場見学後は物産館でお茶の試飲をして体験終了~。
自分達が摘んだお茶の葉と、工場で製茶された煎茶、
茶娘衣装の時に頭に巻いていた手ぬぐいをお土産として持ち帰りできます。

摘んだお茶の葉…
家で天ぷらにする気満々でクーラーボックス持って行ったのに
ウッカリ車内に放置しちゃって…ダメに…(´;ω;`)ウッ…
また茶摘みしたいです。

P1190572
お土産にいただいたお茶。
美味しかったです~♪

蔵屋鳴沢さんでの茶摘み体験、
今年(2018年)は~6月30日までと9月15日~10月28日です。


蔵屋鳴沢
http://www.kuraya-narusawa.co.jp/

春と秋の茶摘体験のページ
http://www.kuraya-narusawa.co.jp/tea/experience_tea/

2018年6月15日 (金)

【平安時代へ】えさし藤原の郷(5)【タイムスリップ】

またまたずいぶんと間があきまして…
ええっと…何処からでしたっけ…

P1180343 
東の対の南廂から外を見るの図。
半蔀の上だけ開けて下半分は嵌めたままなので、
まるで窓のようです。
御簾ごしでも外が明るいと、
結構顔もしっかり見えちゃうものですな…
(なのでボカシを入れてます)

ココには俳句を詠んでみようコーナーがありました。
詠んだ俳句を入れるポストもあったり。
短歌(和歌)じゃなくて俳句かーいっとツッコミを入れつつも
一句詠める歌ごころがないのでわたくしめはスルー。

Higasi
東の対の東廂を北から見たところ(左)と
北廂を西からみたところ(右)

P1180417_1
東の対の東北の隅の簀子縁で女童とこんにちは。
右奥のちょっぴりこんもりしているトコロは築山。
背後の屋根は北の対。

P1180442
こちらは北の対の母屋。
母屋には撮影スポットもありました。
ここの畳は繧繝縁で偉そうな感じ( ̄ー ̄)

そうそう、北の対には市川染五郎さんが安倍晴明を演じた
2015年版のドラマ陰陽師の紹介コーナーがドカンとありました。

P1180480
寝殿の北西の隅から北の対の方を見たところ。
坪庭に植えられているのは梅でしょうかね?
行ったのは三月下旬でしたが、
東北の春はまだまだといった風情。

あと、北の対屋の縁側は高欄の無いタイプでした。

P1180467_1
お食事を作るキッチン…料理所(台盤所)です。
西の対屋の北側にありました。

P1180461
煙を逃がすためか屋根に窓が付いてるのが面白いなぁ~と。

P1180458_1
復元された平安貴族の食事の模型もいくつか置かれていました。
結構美味しそう。

P1180370
再び西の対に戻って…
ココの場所がお気に入り(笑)
そんなこんなで2時間ほど装束着て堪能させてもらいました。

装束を脱いだ後もカメラ持って殿舎の周りをウロウロ。

P1180510
渡殿の下を流れる遣水。
光源氏くんが薫物を埋めさせたのは、こういう所に…かな??

P1180535_1
寝殿造といえば南庭に大きな池と中ノ島。
この橋は、残念ながらわたるべからずの橋。
奥に見えるのは釣殿です。
中にコタツが置かれていました(・∀・)ぬくぬく

P1180524_1
伽羅御所全景。


伽羅御所を出た時点で14時を軽く過ぎていたでしょうか…。
上の方にもまだまだ見どころが沢山あるのですが、
(清衡館とか経清館とか金色堂とか…)
朝食をホテルでたらふく食べてきたとはいえ腹ヘリなのと
時間の都合で泣く泣く諦めました。。。
次は壺装束をお借りしてそちらの方の散策をしたいですね~。

今回体験した女官装束着付け体験と、
平安旅装壺装束体験は~7/1(日)と9/1(土)~11/30(金)まで。
夏季と冬季はやっていないようですのでご注意下さい。

平安旅装「壺装束体験」&「女官装束着付体験」実施中♡
(↑↑公式サイトへジャンプ↑↑)

えさし藤原の郷…ホント最の高に素晴らしいスポットですね。
これでもっと近場だったらなぁぁぁ。。。
また行きたいけれど、兎に角とぉぃぃぃ…遠すぎる( ノД`)シクシク…

« 2018年4月 | トップページ | 2018年7月 »