フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

風俗博物館の写真

  • 6:かさねの色目6
    平成21年3月24日
無料ブログはココログ

« 【平安時代へ】えさし藤原の郷(2)【タイムスリップ】 | トップページ | 【平安時代へ】えさし藤原の郷(4)【タイムスリップ】 »

2018年3月31日 (土)

【平安時代へ】えさし藤原の郷(3)【タイムスリップ】

前日は雨のぱらつくこともあったので、
寒かったら嫌だなぁと思っていたら、この日はとっても良いお天気。
ムスメの見事な晴れ女ぶりに感謝。

Dsc_4879
西の対の簀子縁で高欄に寄りかかって日向ぼっこ_(:3」∠)_
南庭の池や中門廊、釣殿が背景になるのでなかなかの撮影スポット。
中島の向こうに見えるのは4分の1スケールで再現された無量光院。

P1180487_1
西対の廂の柱に寄りかかって…。
奥に見えるのは寝殿です。
ずっとこのまま、まったりしていたい(´ー`)

P1180488_1
くつろいでいたら女童が呼びに来たので…

P1180247
寝殿の方へ来てみると…

P1180252
秀衡さん達が宴会の真っ最中でした。
御膳の上の料理まで精巧に再現されてて凄かったです。

えさし藤原の郷はレストランで平安時代の食事の再現料理
食べることができるのですが、要予約のしかも5名~
5名はハードル高いわぁぁぁぁ( ノД`)

この寝殿、結構な広さなのですが、
購入した『図録 歴史公園 えさし藤原の郷』によると、
寝殿の柱の間隔は通常3~3.6mのところを
2mほどに縮小して建てられたのだそうです。
つまり本来の寝殿はさらに1.5倍ほど広かったと…

P1180261_1
寝殿の東廂には投壺で遊べるスペースがありました。
中国から伝わった遊びで「つぼうち・つぼなげ」とも。
日本じゃあまり流行らなかったみたいなことがwikiに…。
江戸時代に流行った投扇興は投壺をもとに考案されたそうです。

P1180269_2
寝殿北廂を東廂の角から見たところ。
手前二間は塗籠です。
廂は通路としてだけじゃなく、几帳や屏風といった
屏障具で仕切って女房などの局にしたりもしました。

P1180256
寝殿南廂。
ムスメの腕が脇から出ていたり、
私の左前身の袿がトンデモナイ事になってますが、
当人たちは気づいてません(汗)
動き回っても装束が酷い状態にならないよう
気配りできるようになりたいなぁ。
(装束着てるとコーフンしすぎてそんな精神的余裕がない…)



まだまだつづく…(・∀・)

« 【平安時代へ】えさし藤原の郷(2)【タイムスリップ】 | トップページ | 【平安時代へ】えさし藤原の郷(4)【タイムスリップ】 »

平安装束体験」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

すご~。平安時代料理がいただけるのは知りませんでした。食べてみたい。ていうか、見てみたい。
社乃森も素晴らしいロケーションですが、
こちらもかなりグレード高いですね!

>elliemikanさん

平安時代の再現料理、
食べてみたいけど最低人数が5名って団体前提なのがもう( ノД`)シクシク…
社乃森もえさし藤原の郷もどちらも我が家から遠いのが悲しい。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【平安時代へ】えさし藤原の郷(2)【タイムスリップ】 | トップページ | 【平安時代へ】えさし藤原の郷(4)【タイムスリップ】 »