フォト
2023年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

風俗博物館の写真

  • 6:かさねの色目6
    平成21年3月24日
無料ブログはココログ

« 【家族で京都】時代やで子どもプラン・牛若丸の水干【二日目】 | トップページ | 消えた… »

2015年11月12日 (木)

【家族で京都】嵐山・斎宮行列(1)【二日目】

この日(10月18日)は嵐山で斎王群行を再現した
斎宮行列というお祭りが行われる日でした。
当初スケジュール的に行列を見物するのは
難しいかと思っていましたが、
予想より早めに時代やさんを出ることができましたので、
急ぎ野宮神社へ。

P1080380_1
踏切側から神社へ行くと色とりどりの女官さん達が
出立に備えてスタンバっていました。

P1080381_1
野宮神社の鳥居の前には葱華輦が置かれ黒山の人だかり。
ちょうど斎宮代さんが葱華輦に乗るところでした。
写真だとちょっとわかりにくいですが、
頭に日陰絲を付けた方が斎宮代さんです。

流石に野宮神社前は人が入り乱だれて
とても見物できるような状況ではありませんでしたので
行列の進路上に移動。

P1080384_1
しばらく待っていると
竹林の向こうから白馬に乗った公卿サマが登場。

Kugyou
お馬さんがとってもカワ(・∀・)イイ!!
褐衣や五位六位の束帯を着た男性官人も続きます。

Warabe
水干姿の童子と衵姿の女童。
男の子もちゃんとカツラ被っているんですね~。
女童の振り分け髪も可愛らしい(*´ω`*)
その後ろには越天楽らしき曲を奏でている楽人ご一行。
楽人さん達の衣装は
女性神職・浦安装束・狩衣・衣冠・斎服?・千早の巫女と
現代神祇装束ずらりでこれも見ていて楽しかったです。

そして…

P1080417_1
祭りの主役斎宮代。
こちらのお祭りで特筆すべきは
斎宮代の乗る輿(葱華輦)を駕輿丁役の方々がガチで担いでいるという点。
あの葵祭ですら斎王代は台車に乗せてゴロゴロ曳いているのに
嵐山の斎宮行列は実際に人が担いでいるんですね!!
目の前を大勢の人に担がれた葱華輦が通りすぎていく迫力たるやもう…
これだけでも見に来た甲斐がありました。
駕輿丁の方々は将に縁の下の力持ち。
本当にお疲れ様です。
良いものを見せてくれてありがとう(*'▽')

P1080425_1
と言いつつ…視線は美しい斎宮代さまに釘付け(・∀・)エヘ

斎宮代に続いて采女と女官。

Nyoukan
斎王系の時代行列でよく見かける采女装束(写真左上)は
江戸時代中期に成立したもので、
実際の斎王群行にはこの装束では供奉していません。
などと無粋なツッコミを…ゲフゲフ。
ええっと、女官は市女笠を手にした物詣姿(壺装束)と
袿を壺にして檜扇を手にした方とがいました。
それにしても…ココの時代行列は
見る人と行列参加している人との距離が驚くほど近いですね!

その後ろに騎乗した女官。

Kijyo_2
着ている装束は一瞬汗衫かな?と思いましたが、
肩のトコロの感じや袖に括り紐があるので薄物の狩衣のようです。
首上のとんぼを留めずに着ていました。
狩衣の下には袿(衵?)を袴に着込めずに着て、
袴は緋の指貫をはいていました。

その後ろに神職さん巫女(舞姫?)さん等々が続き、
最後に大勢の緑の布衣集団が付き従っていく形で斎宮行列は
通りすぎて行きました。

« 【家族で京都】時代やで子どもプラン・牛若丸の水干【二日目】 | トップページ | 消えた… »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

斎宮行列、近いですよね~。間近で見られて嬉しいのですが、行列関係者は大変そうですね。騎女の方の装束、こちらでは狩衣でしたね。馬から降りたら、長くひく裾がみられるのかと期待していたのでちょっと残念でした。

〉かんこさん

あ、ひょっとしてかんこさんも今年の斎宮行列を見に行かれたのですか?
晴れの汗衫を着た姿って見たことが無かったので、
汗衫か!?って思った時はものすごくテンション上がったんですけどね…ホント残念でした(;´∀`)
でも人が担ぐ葱華輦と、次回の記事でも書きますが、牛が曳く牛車を見られて大満足です。

はい、見に行きました~。出遅れたので竹林の中の行列は見られませんでしたが、その後は大体行列にくっついて、御祓まで見物しました。やっぱり竹林でも見るべきだったなぁ、とお写真を拝見して思いました。騎女は葵祭でもみたのですが、騎乗している所だけだったので、いつかぜひ社頭の儀をみたいものです。かざみはあまり見る機会がありませんね。

>かんこさん

竹林だと背景雰囲気ありますよね~。
でも大通りを平安装束ご一行さまが歩いていくシュールさも私は好きです(*´ω`*)
葵祭はなかなか機会を得られなくてまだ見たことが無いのですが、騎女が垂領の汗衫を着てますね!どうにかして機会を得て見に行きたいと思っています。
そういえば…ご存じかもしれませんが黒田装束店さんで葵祭の騎女と同じ形の汗衫が体験できますね。

葵祭も場所によって斎宮行列くらい近くで見物できるので、ぜひ一度御覧ください。黒田さんのかざみ、きれいですよね~。騎女のものと子供用かざみの大きい版とがあるようですね。あぁ、体験に行きたい( ´∀`)

>かんこさん

葵祭も至近距離で見物できる場所があるのですね!
見に行く際は色々チェックしていきたいと思います。
あぁ、私も黒田さんにまた行きたい(*´ω`*)

この記事へのコメントは終了しました。

« 【家族で京都】時代やで子どもプラン・牛若丸の水干【二日目】 | トップページ | 消えた… »