フォト
2023年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

風俗博物館の写真

  • 6:かさねの色目6
    平成21年3月24日
無料ブログはココログ

« いつきのみやへ | トップページ | 【三重】いつきのみや歴史体験館で細長(1)【初秋】 »

2015年9月23日 (水)

【三重】いつきのみや歴史体験館で…【初秋】

先日ちらりと書きましたが、
シルバーウィーク真っただ中の某日、
三重県明和町にある『いつきのみや歴史体験館』に行ってきました。

P1070516_1
本当の目的は別にありましたが、
折角行くのなら平安装束の体験をしたいと思い
私十二単・娘汗衫で予約。
実はこちらで装束体験させてもらうのは十数年ぶり、
当時は現地抽選制で体験金額は500~1000円程度と
くじ運さえ良ければ相当お得な体験だったと記憶しています。

いつきのみや歴史体験館そのものに来るのは2009年の斎王まつり以来。
近くに斎宮寮の建物を復元中で
今月末には竣工式が行われるとの情報もありましたので
遠目にでも建物を拝見出来ればとwktkして行きました。

現地へは車で行きましたが、
東名阪のいつもの場所で大渋滞。
予想を上回る渋滞っぷりにヤキモキしましたが、
装束体験は10時30分からなのに
10時からと30分勘違いしていたことも幸いして
なんとか無事15分前に到着(´ー`)
受付で声をかけると時間まで館内でお待ちくださいとの事でしたので
私はカメラを手にウロウロ。
この間、旦那さんと娘は手作りのパズルで遊んでいました。

P1070304
まず目に飛び込んでくるのは
いつきのみや歴史体験館のシンボル的存在?
天皇・皇后・斎王といった限られた人たちしか乗る事のできなかった
葱華輦(そうかれん)に乗ってみる事が可能です。

P1070309
平安時代の遊び、盤双六(左)と貝覆い(右)
自由に遊べます。

P1070512_1
無料の装束体験コーナー。
単&小袿のみで洋服から羽織るだけですが
雰囲気は堪能できます。
ちなみに今回は時間の都合で着ませんでした(´・ω・`)

P1070313
装束を着ているのに何故か微妙にイケてない彼も健在。

P1070314_1
こちらが有料の装束体験用お立ち台です。
今日は天気がとても良くて外が無駄に明るいので
逆光になるのは必至。
対逆光モードにカメラをセットしておかねば(;´Д`)

P1070312_1_2
反射して見にくいですが有料の平安装束試着体験の案内プレート。
体験料金は今年の四月から十二単・直衣は5000円(税込)、
水干・細長・汗衫は2000円(税込)と値上がりしています(´・ω・`)

写真撮り終えて娘のところへ戻ったタイミングで
スタッフさんが声をかけに来てくれました。
当初娘は身長の関係で汗衫で予約していましたが、
どうやら細長も可能との事。
少し悩んで、とある事情から折角なので細長に変更してもらいました。

前置きが長くなりましたので…('A`)
装束体験については次回ご紹介したいと思います。

« いつきのみやへ | トップページ | 【三重】いつきのみや歴史体験館で細長(1)【初秋】 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。