フォト
2023年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

風俗博物館の写真

  • 6:かさねの色目6
    平成21年3月24日
無料ブログはココログ

« 【琵琶湖】曳山交代式に遭遇('Д')【長浜】 | トップページ | 終わりと始まり(水耕栽培44日目・3日目) »

2015年4月21日 (火)

【琵琶湖】ダックツアー【長浜】

曳山を眺めつつ買い食いやらかして
ボチボチ時間になって来たので集合場所の御旅所駐車場へ。

P1050321
デンっと鎮座ましますダックツアー専用バス。
とってもデカイです( ゚Д゚)
流石水陸両用バス。
写真撮り忘れたけど車体の後ろにはスクリューが付いています。

Dsc02037_1
(参考写真:数年前に参加した湯西川ダックツアーのバスのスクリュー)

窓枠が無くて窓が大きい(バーで仕切ってあるだけw)ので、
風はビュービュー雨が降ったらビショビショ確定な。
ホントこの日雨降らなくて良かった。

出発後、ガイドのおねーさんの軽快なトークを聞きつつ
長浜の街中を少し走って琵琶湖のダイビングポイントへ向かいます。

P1050334_1
バスからの眺めはこんな感じ。
窓ガラスが無く視点が高いので眺めも良く、
風を受けてとても気持ち良い!

琵琶湖へダイブする際は乗客の掛け声とともに
勢いよく入って行きます。
後ろの方の座席の方が良く跳ねるそうで
一番後ろの席でしたが確かに跳ねましたw
予約した順番に後部席から指定していくそうなので、
スリル(って程じゃありませんが)を味わいたいなら
早めに予約するのがおススメ。
ちなみに予約時に席の希望は受け付けていないそうです。

琵琶湖に入ると道交法の管轄から船舶法の管轄へと変わるので、
シートベルトを外して車内(船内?)をウロウロ出来るようになります。
普通の船と違ってバランスがあまり良くないのか
微妙に車体が斜めに傾いていてドキドキですw

P1050363
水上バスからの眺め…
この日は曇っていましたが視界は良くて、
ガイドさんが「良すぎてかえって竹生島がわかりにくい」などと仰ってました。
30分程まったり琵琶湖クルーズを楽しんで再び上陸し、
御旅所駐車場へ戻ってダックツアーは終了しました。

さて、ツアー後は再び長浜の街をふらふらしつつ買い食い(・∀・)
16時頃に宿にチェックインしに向かいます。
安さ追求でとった宿なので特筆すべきことは無し。
素泊まりなので荷物を部屋に放り込んで
夕食&お風呂を求めて車で30分程の北近江リゾートへ。
ココの施設内にある北近江温泉はお風呂の種類こそ多いですが、
お湯は無味無臭(浴室に入った時塩素臭が鼻についたくらい…)で
お湯そのものはちょっと物足りないかなと。
入浴料は土日は大人1200円と高め設定。
施設設備そのものはとても良く、
ちょっと心配になるくらい空いていたので(高いから?w)快適ではありました。
広いキッズルームもあってムスメは大喜び、
しばらく籠って出て来ない罠('A`)
夕食は施設内のバイキングで。
1800円(土日祝価格)でフリードリンク付き。
地元の郷土料理メニューもあり良かったです。
ムスメ的に焼鯖そうめん(焼鯖除く)がヒットしたようで、
私が取ってくるたびに全部食べて私の口には鯖しか入らず(ノД`)・゜・。
ちなみに温泉施設はガラガラでしたが
バイキングは程よくお客が入っていて料理の回転も良かったですよ。

« 【琵琶湖】曳山交代式に遭遇('Д')【長浜】 | トップページ | 終わりと始まり(水耕栽培44日目・3日目) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。