フォト
2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

風俗博物館の写真

  • 6:かさねの色目6
    平成21年3月24日
無料ブログはココログ

« 【晩秋】旅の恥は掻き捨て嵐山編(1)【京都】 | トップページ | 【晩秋】旅の恥は掻き捨て西陣編(1)【京都】 »

2014年12月 7日 (日)

【晩秋】旅の恥は掻き捨て嵐山編(2)【京都】

オプションで60分の散策を付けていざ嵐山へ!
お店のスタッフの同行を希望したのですが、
同行オプションはボッチ救済用らしく
二人以上の場合は同行できないとのことでいた。
写真撮影はお互いで頑張らないと!!って事ですね(゚ー゚;

前回は30分の散策でしたので、
今回はもっと色々行けるかな~と事前にアレコレ
散策ルートを妄想していましたが…
紅葉シーズン真っ盛りに嵐山で壺散策しようってのが
そもそも無謀の極みでしたっていう(ノ∀`)
とにかく人が多くてメインの通りは歩道を歩くだけでも大変。
尚且つ他の観光客からの写真攻勢が想像以上に凄まじかった。
遠巻きに撮る分には好きにしてって感じで気にしていませんでしたが
ちょっと歩みを緩めようものなら、
一緒にと撮影を求められまくり…
一人に応じれば我も我もで…
人生最高のモテ期到来ウハウハですよ!

しかーし、この状況に甘んじていては
他人様のカメラに写るのみで60分終わってしまいます。
人混みは人力車に掻き分けてもらおうと
渡月橋周辺の人力車が群れているあたりに行ってみました。
いつもなら向こうから声をかけてくれる車夫の兄ちゃんもおらず、
案内係の人に話を聞くと人力車もモテモテなようで
当日客や団体予約やらですぐに出せる車が無いとの事。
ハイシーズン時は乗りたいなら予約しとけって事ですね(´Д⊂

P1040311_1
とりあえず、嵐山に来た証拠に一枚。

写真を撮ろうとゴソゴソやっていると、
すかさず一緒に写真をと依頼が飛んできまして、
自分たちの写真がなかなか撮れない…
それじゃあって事で、応じる代わりに
ツーショットを撮ってくれるようお願いしまくるw
ギブアンドテイクってやつです。
そうはいっても結構アジア系(中国系かな)の観光客が多くて
さすがに異人さんにカメラをお願いするのは気が引けるというか
言葉が通じない(゚ー゚;
日本人観光客に声をかけられたらチャーンスとばかりに
お願いしていました。

P1040325_1_2
小督庵の前で。
塚の方へは閉ざされていて行けませんでした。

P1010351_1
この日は天気がとても良くて暑くもなく寒くもなく
見事な行楽日和でした。

P1010356_1
嵐山吉兆の前にいた男衆のおにーさんにも頼んでみたw
困惑しつつも撮ってくれてありがとう。
いつか宝くじが当たったら食べに行くね!

P1040341_1
行きたいと思っていたところには全然行けなかったけど
それなりに満喫していたらあっという間に時間は経ちまして
お店に戻らないとマズい時間に…
戻る道中、10代(かな?)の若くて小柄な体験舞妓さんと
すれ違いまして、軽く会釈したら笑い返してくれたよ!
可愛かったぁ(*´ω`*)

お店に戻るとスタジオではほかのお客さんが
舞妓に扮して撮影の真っ最中。
脇をささっと通りまして、控室?のようなところで
市女笠や装束類を脱ぎます。
自分たちでメイクを落とし着替えを済ませて二階へ上がろうと
スタジオの脇を通ったら先ほどの舞妓さん達はいませんでした。
散策に行かれたのでしょーか。
さぞかし写真攻めにあっていることでしょうね(・∀・)


とりあえず…

紅葉シーズンの嵐山舐めててゴメンナサイ



時代やさんを出たのが正午過ぎ。
嵐山は何処も彼処も大混雑。
昼は時代や近くの鯛匠に行ってみたいな~なんて考えていましたが
ありえねー行列っぷりに嵐山での食事は断念。
京都駅まで戻ってランチにすることにしました。
駅チカのお店もこれまた行列だらけでしたが、
比較的行列の少ないイタリア料理店を見つけてイン。

程よくお腹がいっぱいになったところで、
午後の目的地へと向かいます。
途中、白峰神宮に参拝。

P1040346
右近の橘がたわわに実を付けていますよ!

P1040348
非時香果(ときじくかぐのこのみ)を
崇徳院の御前で拝見することが出来ようとは!
ありがたいことです。
境内では翌日の新嘗祭で行われると思しき
蹴鞠ステージが設営されていました。
蹴鞠も機会があれば一度は見てみたいですね。
できれば今の蹴鞠装束ではなくて、
衣冠とか直衣とか狩衣での蹴鞠を!!



つづく…ハズw

« 【晩秋】旅の恥は掻き捨て嵐山編(1)【京都】 | トップページ | 【晩秋】旅の恥は掻き捨て西陣編(1)【京都】 »

旅行・地域」カテゴリの記事

平安装束体験」カテゴリの記事

コメント

嵐山では自分達の写真を撮れるのか心配になるほど、
人様からの写真攻撃が凄まじかったですね。
私がいちいち応じてしまったので、あまり時間がなくなって
しまって申し訳なかったですが、ふたりいたら
恥ずかしさは全くなく、楽しかったです!

戻る途中の体験舞妓さんは覚えてないんですが、
川沿いに人力車に乗った舞妓さん&芸妓さんがいて、
芸妓さんの後ろ姿が綺麗だったのは思い出しました。

次回やるなら時間を気にせず済むプランが良いですね!
着た○ま観光とか、マイ装束持ち込みとか…(^w^)

前回は遠巻きに撮られるだけだったのであそこまで凄いとはおもいませんでした(^_^;)
良い経験をさせてもらいましたが、次回はもっと自分達の写真を残したいですよね。
私もご一緒できて楽しかったです!
人力車に乗った芸舞妓さん、覚えています。
確かに芸妓さんに扮した方の方が印象に残っています。
時間気にせずやりたいですね~(*´Д`*)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【晩秋】旅の恥は掻き捨て嵐山編(1)【京都】 | トップページ | 【晩秋】旅の恥は掻き捨て西陣編(1)【京都】 »