フォト
2023年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

風俗博物館の写真

  • 6:かさねの色目6
    平成21年3月24日
無料ブログはココログ

« 2歳になりました | トップページ | 夏の京都一人旅(10) 平安装束体験所で十二単(女房装束) »

2014年9月19日 (金)

夏の京都一人旅(9)二日目 朝の六角堂~

宿泊は四条のビジネスホテル。

夕食はふらふらと界隈を彷徨って見つけた
「ゆばんざい こ豆や」という湯葉料理お店に入りました。
一番お安いコースをいただきましたが、
創作系の湯葉づくしに鱧も食べられて大変満足。
久々にお酒も飲むことができて(*´д`*)



二日目は、ホテルから歩いて数分の所にある
六角堂に寄ろうと思い8時すぎにチェックアウト。
しかーし、お天気はあいにくの小雨模様で・・・


『六角堂』
正式名称は頂法寺。
天台宗系のお寺で、西国三十三所の十八番札所。

P1030003
ご本尊は秘仏の如意輪観音。
創建は聖徳太子によるとか云々。

P1030004
街中のお寺だからか、
朝から結構参拝者がいました。
朱印所も開いてましたので、御朱印をいただきます。

P1030007_1_3
いけばな発祥の地のモニュメント。
華道の家元、池坊のビルが六角堂の裏手にデーンと
鎮座ましましてました(・∀・)

池に白鳥がいたり鳩がたくさんうろちょろしてましたが、
特に見るべきものがなく…
って、ヘソ石を見落としましたが(;´д`)

思っていたほど時間は潰せず、
ちょっと早くホテルを出すぎたかなと後悔。。



『御所八幡宮』

P1030012
歩いていた際に目に付いた
御所八幡宮に立ち寄ってみました。
応神天皇・神宮皇后・比売神を祭神とする神社。
もともとは足利尊氏が自邸内に勧進してお祀りしたのが由来。
第二次世界大戦中に疎開して今の地に移されたとか云々。

とてもこじんまりとした神社で参拝所要時間は3分。
天気も降ったり止んだりとイマイチぱっとしないので、
少し早いですが平安装束体験所へと向かう事にしました。

« 2歳になりました | トップページ | 夏の京都一人旅(10) 平安装束体験所で十二単(女房装束) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

六角堂、西国33ヶ所の散華を集めるべく、
私もお参りしました。人もそれほど多くなさそうですし、
雅ゆきさんから近いので、散策場所にいいかと思ったのですが、
行き着くまで結構な都会の町並みを歩くので、自分の中で却下。
寺町通りを歩いていると小さい寺とか、割とありますよね。
だから寺町というのかな?

次はいよいよ平安装束体験所へ…ですか?
ワクワクo(^-^)o

>ellie2008さん
雅ゆきさんは六角堂から近いのですね。
六角堂の前の通りを東に行くと宮脇賣扇庵さんもありますし、
あの辺散策するのも楽しそうですね。
壺装束ではちょっと抵抗があっても、着物レンタルでの散策にはとってもよさそう。
あの辺りを壺装束で散策となると、
やはり御苑が一番雰囲気的にも良いのでしょうかね。

この記事へのコメントは終了しました。

« 2歳になりました | トップページ | 夏の京都一人旅(10) 平安装束体験所で十二単(女房装束) »