フォト
2023年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

風俗博物館の写真

  • 6:かさねの色目6
    平成21年3月24日
無料ブログはココログ

« 夏の京都一人旅(10) 平安装束体験所で十二単(女房装束) | トップページ | ひと足お先に七五三 »

2014年9月22日 (月)

夏の京都一人旅(11) 龍谷ミュージアム~風俗博物館

平安装束体験所での十二単体験後、
荷物を預けに一旦京都駅へ。
身軽になったので京都駅から徒歩で風俗博物館へと向かいました。

途中目に付いた龍谷ミュージアムの
ミュージアムショップにふらふらと入ってみれば
カフェも併設されていましたので、
ランチはこちらでいただきました。

P1030159
注文したのは「お野菜たっぷりの和風パスタ」

ショップ&カフェは入館料を払わなくても利用できますが、
せっかくなので展示も見ていくことに。
2階はアジアの仏教関係の展示、
西洋顔の濃ゆい顔立ちのイケメン仏が多くて結構面白い。
3階はおなじみ日本の仏教関係の展示でした。

見応えがあったのはベゼクリク石窟大回廊の復元壁画。
イラスト仏画のお顔がとっても可愛らしくて
特に目の書き方がキュート(*゚▽゚*)
ミュージアムショップで売ってたポストカードを
買えばよかったと今更ながらに後悔しています。



龍谷ミュージアムに寄り道をしてしまいましたが、
二日目午後の目的地『風俗博物館』へと向かいます。
こちらは井筒法衣店の5階にありまして、
お店のエレベーターに乗って上がります。
エレベーターのドアが開くと
源氏物語の六条院が再現された展示が目に飛び込んできて…
の、ハズが大勢の人人人(;゚Д゚)!
どこぞの自治体の研修っぽい団体さんが十数人、
しかもほとんど男性…の方々が先客でいらっしゃってました。
博物館の方が展示解説をしながら見学中、
受付の方が「良かったらご一緒に解説を聞いていってくださいね」と
おっしゃってくださいましたが、
自分のペースで見たかった(写真を撮りたかったw)ので、
先に奥の実物大の部屋へと向かいます。

P1030165_1_2
かぐや姫昇天の再現展示(これは実物大じゃないデス)
竹取物語が成立したとされる奈良~平安初期の装束で
再現されています。
右端のビックリしている風の女性がかぐや姫ですね。

P1030171
等身大の女房装束(十二単)の女房。
平安時代風に唐衣が一番上に着付られていました。

P1030172
唐菓子を食べる夏直衣の公達。

こちらには服の上から自由に羽織ることができる、
単袿と狩衣&指貫があります。
檜扇や雅楽器といった小道具も。
以前は御帳台もあって、中で自由にくつろげました。
なくなってしっまってチョット…いやかなり残念デス(´・ω・`)

« 夏の京都一人旅(10) 平安装束体験所で十二単(女房装束) | トップページ | ひと足お先に七五三 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

お野菜のパスタ、おいしそう~お味はいかがでしたか?
龍谷ミュージアム、面白そうですね。私もいつか行ってみたいです。

かぐや姫は、790年ごろの時代設定だということなので、
衣装は忠実に再現されてますね、流石。
博物館は、5月に行った時も敷物のみでした。
袿の種類が違うものになっていれば、また行きたいですが、
まだ赤と紫でしたか?

>ellie2008さん

パスタは梅の酸味が良い感じに効いて夏にもってこいなあっさりしたお味でした。
美味でしたよ~(*´∀`*)
龍谷ミュージアムは龍谷大学の博物館だからか、
留学僧さんらしき人が袈裟姿で展示品を見ていらして、
思わずそっちに目がいっちゃったりしましたw

風俗博物館の袿はこの時も赤と紫だったと思います。
狩衣は藍色と、もう一つは忘れました^^;
藍色の狩衣を着て自分撮りしようと試みていたら、
団体さんの一部がドヤドヤっとこちらのコーナーに来て、
とてもそれどころじゃなくなってしまったのはちょっと残念でした(ノД`)

ということは、風俗博物館での衣装体験は、ナシですか、残念です。
ってか、ご自分で狩衣を着ることができるということですか?エライ。
私は前に行ったときは六菊模様(であってるかな?)の紫色の
袿を羽織り、係りの方に撮影していただきました。
隣には直衣を着て座っている殿の人形が置いてありました。

今週休みにまた京都へ行って、「雅ゆき」で体験をしてくるので、
時間があったら無料の袿を体験してきますヽ(^o^)丿

>ellie2008さん

レス遅くなりすみません(;´Д`A
風俗博物館での衣装体験は…ブログに上げれるような写真を
撮る余裕がなかったので、ナシになります。。
狩衣はコツさえわかれば一人で簡単に着られますよ~^^

この記事へのコメントは終了しました。

« 夏の京都一人旅(10) 平安装束体験所で十二単(女房装束) | トップページ | ひと足お先に七五三 »