フォト
2023年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

風俗博物館の写真

  • 6:かさねの色目6
    平成21年3月24日
無料ブログはココログ

« 夏の京都一人旅(4) 壺装束で嵐山散策 | トップページ | 夏の京都一人旅(6) 野宮神社~竹林の道~御髪神社 »

2014年8月 2日 (土)

夏の京都一人旅(5) 西山艸堂でランチ

さて、午後からは久々に京都観光のテンプレ通り(?)に
あちこち周ってみたいと思います。
時代やを出て時計を見ると13:30過ぎ…
お昼ご飯食べないと\(;゚∇゚)/

一人旅の一番のネックは食事だと思っていますが、
(ぼっちで食べなきゃいけないから)
反面、自分の好きなものを好きなように食べられるわけで…

京都といえば豆腐料理デスヨネって事で、
6月に天竜寺に行った際に横目で見て気になっていた、
『西山艸堂』で昼食をとることにしました。

P1020905
こちらのお店は天竜寺の塔頭「妙智院」の中にあります。
嵯峨豆腐の名店森嘉のお豆腐を使用されています。

P1020903
玄関ではなく縁側から中に上がるので一瞬戸惑いましたが、
お店の方の案内で無事中に入れました。
昼食としては遅めの時間でしたので、
予約無しでしたが床の間の前のお庭がよく見える
良い席に通してもらえました。

メニューは一種類のみで、
ただ夏なので湯豆腐か冷奴か選べました。
いくら有名とはいえこの暑い中
湯豆腐を食べる気にはなれなかったので、
冷奴でお願いしました。
湯豆腐元祖のお店なのは…わかっているけど…アツイノハイヤ('A`)

P1020892
まずは胡麻豆腐と飛竜頭(がんもどき)
私の中では胡麻豆腐といえば永平寺胡麻豆腐なので
味噌だれでいただくものだと思っていたので、
生姜がのっててちょっと動揺w
飛竜頭の中にはゆり根様が入ってました。

P1020896_1
八寸 豆腐寿司(奥)と小茄子の田楽(右)と…
黄色いのはなんだったっけ?

P1020897_1
天ぷら ピーマンが苦手なので、ついでにししとうも苦手なのですが、
コレはなんとか美味しく食べられましたw
パリパリの湯葉天や中がトロトロの山芋天に…
あともう一つふわふわした揚げ?みたいなのがありまして、
それが一番美味でした。

P1020899
メインディッシュの冷奴。
氷と青々としたもみじの葉が涼しげ。
最近充填豆腐ばっかり食べてたから、
豆腐本来の美味しさに感動(*´∀`*)
結構量があって、豆腐でお腹いっぱいに。

あとは御飯と香の物で終了。
精進料理なので実に慎ましい内容でした。
これで3000+α(税)円也
う~ん、美味しかったけど、この値段なら
デザート付けてくれてもいいんじゃ…とちょっと思ったり(・∀・)

« 夏の京都一人旅(4) 壺装束で嵐山散策 | トップページ | 夏の京都一人旅(6) 野宮神社~竹林の道~御髪神社 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

西山艸堂 、有名ですよね。やっぱ、充填豆腐とは
味が違うのですね。なんか昔、金閣寺のそばの高級湯豆腐を
食べましたが、あまりおいしさがわからなかったような記憶があります。

ここもいちど食べてみたいと思っているのですが、
値段の面でなかなか…
フリーペーパーのクーポンとかで安くなったりしないですかねー。
ちなみに、天龍寺は近鉄と京都バスの乗り放題チケットで
100円引きになり、壺散策のときに利用いたしました。

ellie2008さん

食事代に拝観料が500円ぐらい含まれていそうな…(・∀・)
一人旅で制止する人がいなかったので突撃できましたが、
家族一緒だったらちょっと提案するのもためらっちゃいます。

美味しかったしお庭の風情も良かったしで不満はないのですが、
ほとんど冷奴でお腹がいっぱいになったという感じでしたね。
他のお料理はささやかというか、
冷奴が出てくるまでは、これじゃ全然足りないなぁ~と思っていたのでw

嵐山にはおいしいと定評のある「よしむら」というおそば屋さんもあり、
そば&そば、天丼、小鉢のセットが1785円でした。
確かにお蕎麦は美味しかったけと、高いなぁ~と
思ってましたが、湯豆腐3000円に比べたら安かったですね。

てか、変身に何万も出すのに、1785円が高いと思う自分て…f^_^;

ellie2008さん

嵐山においしいお蕎麦屋さんがあるのですねφ(・ω・ )メモメモ
蕎麦好きなので機会があったら食べてみたいです。

この記事へのコメントは終了しました。

« 夏の京都一人旅(4) 壺装束で嵐山散策 | トップページ | 夏の京都一人旅(6) 野宮神社~竹林の道~御髪神社 »