フォト
2023年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

風俗博物館の写真

  • 6:かさねの色目6
    平成21年3月24日
無料ブログはココログ

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月の4件の記事

2014年8月24日 (日)

夏の京都一人旅(7) 嵯峨野散策 常寂光寺

トロッコ嵐山駅周辺まではそれなりに観光客もいましたが、
そこを過ぎると急に人がいなくなり、
のんびり散策するにはもってこいな状況になりました。



『常寂光寺』
日蓮宗のお寺。
小倉山の中腹にあり、
藤原定家の山荘「時雨亭」があったと伝えられる地の一つ。

P1020957
山門。
JR東海の2011年初夏版「そうだ京都へ行こう」の
ポスターが貼ってありました。

P1020927
仁王門。
緑が眩しいです(*´д`*)
本堂周辺は工事中のため近寄れず。。残念。

P1020949
重要文化財に指定されている多宝塔。
桧皮葺で優しいフォルムです。

P1020950
時雨亭跡の石碑。
他に二尊院や厭離庵も時雨亭の跡地候補とされています。



常寂光寺を後にして、二尊院に向かっている途中にあった、
『有智子内親王の御陵』

P1020958
有智子内親王は嵯峨天皇の皇女で、
初代賀茂斎院となった方です。
すぐ隣に落柿舎がありましたが、
特に興味がなかったのでスルーで(; ̄ェ ̄)

2014年8月 8日 (金)

夏の京都一人旅(6) 野宮神社~竹林の道~御髪神社

書いていた記事が消えてしまって
ショックのあまりボーゼンとしてしまった昨日の朝。
再び書き直す気力も時間もなく(´・ω・`)
記事のUP時間でお察しなのですが、
いつも早朝のムスメが起きる前にコソコソとブログ書いてます(; ̄ェ ̄)
そんな前置きは置いておいて…


西山艸堂での昼食後、メイン通りのお土産屋をふらふら覗きつつ
竹林の道経由で再び野宮神社へ。
先ほど壺装束で立ち寄った際は、
お財布をお店においてきたこともあって、
ちゃんとお参りしていなかったので、
境内でパシャパシャやらせてもらった御礼も込めまして
改めて参拝いたします。
この野宮神社は、かつて伊勢の斎王が伊勢へと向かう前に
潔斎のために籠った野宮の跡地の一つでございます。
源氏物語「賢木巻」の舞台ともいわれる地ですが、
こじんまりとした神社でして、
かつての様子を偲べるものは
黒木の鳥居ぐらいでしょうか。

見どころは授与所裏のじゅうたん苔。
もっふもふの苔で苔好きには堪りません(*´∀`*)

そういえば、むかし初めてこちらに参拝した時、
御朱印をもらおうとしたらスタンプで…(;゚Д゚)!
あまりの事にもらわなかったのですが、
今はどうなっているんでしょ?



野宮神社を出て、竹林の道をトロッコ嵐山駅方面へ。
うん。ここら辺の竹林はホント素晴らしくてうっとりです.

P1020909
浴衣姿の女性がいい感じに写りこんでいてナイスな1枚。
いかにも日本的な感じだったためか
私の横で外国人観光客がせっせと写真を撮っていました。

P1020918
この日は平日だったためか観光客も少なくて
じっくりゆっくり竹林の道を堪能できて幸せでした(*´∀`*)



トロッコ嵐山駅をこえてすぐそばにある池の脇に
鎮座している『御髪神社』
日本で唯一(!)髪の毛にご利益のある神社だそうです。
祭神は藤原采女亮政之という鎌倉時代の実在の人物で、
髪結いを生業としていたことから理髪業の祖とされているようです。
創建は昭和36年と、比較的新しい神社です。

P1020926
ちいさな神社で、授与所は閉まっていました。

P1020924_1
鳥居の前ではネコ様がお昼寝あそばしてました(・∀・)

2014年8月 2日 (土)

夏の京都一人旅(5) 西山艸堂でランチ

さて、午後からは久々に京都観光のテンプレ通り(?)に
あちこち周ってみたいと思います。
時代やを出て時計を見ると13:30過ぎ…
お昼ご飯食べないと\(;゚∇゚)/

一人旅の一番のネックは食事だと思っていますが、
(ぼっちで食べなきゃいけないから)
反面、自分の好きなものを好きなように食べられるわけで…

京都といえば豆腐料理デスヨネって事で、
6月に天竜寺に行った際に横目で見て気になっていた、
『西山艸堂』で昼食をとることにしました。

P1020905
こちらのお店は天竜寺の塔頭「妙智院」の中にあります。
嵯峨豆腐の名店森嘉のお豆腐を使用されています。

P1020903
玄関ではなく縁側から中に上がるので一瞬戸惑いましたが、
お店の方の案内で無事中に入れました。
昼食としては遅めの時間でしたので、
予約無しでしたが床の間の前のお庭がよく見える
良い席に通してもらえました。

メニューは一種類のみで、
ただ夏なので湯豆腐か冷奴か選べました。
いくら有名とはいえこの暑い中
湯豆腐を食べる気にはなれなかったので、
冷奴でお願いしました。
湯豆腐元祖のお店なのは…わかっているけど…アツイノハイヤ('A`)

P1020892
まずは胡麻豆腐と飛竜頭(がんもどき)
私の中では胡麻豆腐といえば永平寺胡麻豆腐なので
味噌だれでいただくものだと思っていたので、
生姜がのっててちょっと動揺w
飛竜頭の中にはゆり根様が入ってました。

P1020896_1
八寸 豆腐寿司(奥)と小茄子の田楽(右)と…
黄色いのはなんだったっけ?

P1020897_1
天ぷら ピーマンが苦手なので、ついでにししとうも苦手なのですが、
コレはなんとか美味しく食べられましたw
パリパリの湯葉天や中がトロトロの山芋天に…
あともう一つふわふわした揚げ?みたいなのがありまして、
それが一番美味でした。

P1020899
メインディッシュの冷奴。
氷と青々としたもみじの葉が涼しげ。
最近充填豆腐ばっかり食べてたから、
豆腐本来の美味しさに感動(*´∀`*)
結構量があって、豆腐でお腹いっぱいに。

あとは御飯と香の物で終了。
精進料理なので実に慎ましい内容でした。
これで3000+α(税)円也
う~ん、美味しかったけど、この値段なら
デザート付けてくれてもいいんじゃ…とちょっと思ったり(・∀・)

2014年8月 1日 (金)

夏の京都一人旅(4) 壺装束で嵐山散策

お支度整えまして、いざ散策。
店から出てすぐは気恥ずかしさもあり、
年甲斐もなくやらかしちゃったかも(;´Д`A
なんて思ってうつむき気味に歩いていました。
しかし、だんだんとテンションが上がってきまして、
気がつけば恥ずかしいなんて気持ちはどこへやら。
竹林の道突入後はカメラ構えられまくりで、
ちょっとしたモデル気分www
外国人観光客多めだからなのか
皆さん断りを入れることなく勝手に撮っていました。
付き添いのスタッフさんが
嫌なら追い払いましょうか?と言ってくれましたが、
メイク濃くて仮面をつけているようなものですし、
コレも散策の醍醐味かなと思ってそのままにしておきました。

P1020836
赤の袿が竹林の緑によく映えて素敵です(*´∀`*)

P1020834_1
お気に入りの一枚。
この写真はスマホに転送して壁紙にしてます。
他人にスマホを見られても私だとバレないのがイイ

P1020855_2
野宮神社にて。
手水中の写真。
実際にやると装束濡らしてしまいますので、
柄杓持った状態で固まってます(・∀・)

P1020868
竹林の道の途中にあった百人一首の歌碑が置かれた広場にて。


最後に店舗のすぐそばにある法然寺という
こじんまりとしたお寺の境内でも撮影してもらいました。

P1020885
腰掛けてちょっと休憩している風で。
視線の先には桜の木がありました。
葉が青々としていましたけど、心の中では満開の桜!

わずか30分の散策でしたが、
非常に濃い内容で楽しいひと時でした(*´∀`*)
散策中、竹林の道は日陰ということもあって
暑さの方はどうにか耐えられましたが、
当初余裕だったカ ツラがじわじわと頭を締め付けてきて、
終盤かなり辛かったです(ノД`)
お店に戻ってヅラ取ってもらった時の開放感は
ハンパなかったw
次回、1時間以上散策するのなら白拍子用のカツラでお願いするか
いっそ地毛でもいいかなと。



と、いう事で、
時代やさんでの壺装束での散策、とっても良かったです。
写真もかなりの枚数撮ってくださいました。
こちらが何も言わなくても撮影ポイントの提案をしてくださったり、
ポーズ指導してくださったりしたおかげで、
素敵な写真がいっぱい撮れて大満足です。
おかげで装束着ての散策にハマってしまいそうだwwww
ムスメが壺可能な年齢(というか身長)になっ たら是非一緒に
また時代やさんでやらかしたいですね~。
今度は平日の朝一か夕方の人が少ない時間帯(あるよね?;)に
天竜寺北門~トロッコ嵐山駅あたりの竹林をまったり散策したいデス。

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »