フォト
2023年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

風俗博物館の写真

  • 6:かさねの色目6
    平成21年3月24日
無料ブログはココログ

« 装束満喫京の旅(5) 天竜寺~竹林の道~時雨殿 | トップページ | 装束満喫京の旅(7) 時雨殿で若菜つむ »

2014年6月26日 (木)

装束満喫京の旅(6) 百人一首の殿堂 時雨殿

前回の記事、タイトルに「~時雨殿」と付けてたけど、
記事の中では到着してなかったって事に今気がついた('A`)

えーっと、
建物の写真を撮らなかった代わりに自販機の写真でもw

P1020574_1

『小倉百人一首殿堂 時雨殿』
オープン当初は任天堂DSの『時雨殿』と連動して遊べる
体験型ミュージアムだったらしいけど、
いずれ行きたいな~なんて思っているうちに
いつの間にか閉館。
リニューアル後は私好みのコーナーもできまして、
今回で訪問は2回目になります。


館内は土禁ですので入館料を払った後、
靴を脱いで100円バック式のロッカーに放り込みます。
ちょっと面倒ですが手荷物も入れられるので
身軽な状態で見学ができます。
展示品は写真撮影OKのものが多いので
カメラは忘れずに(*´ω`*)b

展示室へ向かう廊下にボンと置かれた葱花輦。

P1020576
天皇や伊勢斎宮・賀茂斎院などが
お乗りになった輿(輦)です。
ご自由にとの事ですので、
遠慮なく乗らせてもらいます。

P1020638
…遠慮なく乗るムスメっこ( ̄▽ ̄;)



私好みのコーナー その1
精密に再現された装束をまとった人形達による
『夢舞台』と称される再現展示。


まずは「天徳内裏歌合」の再現展示

百人一首の四十番

しのぶれど 色に出てにけり わが恋は
物や思ふと 人の問ふまで
                  平 兼盛

vs

四十一番

恋すてふ わが名はまだき 立ちにけり
人知れずこそ 思ひ初めしか
                  壬生 忠見 

P1020596_1
時は天徳四年3月30日(960年4月28日)
ところは清涼殿西廂
正面奥におわすのが村上天皇。

P1020601_2
別の角度から。
地下に員判洲浜担当の童くんがいます。

P1020611
源博雅の後姿を激写(*´д`*)
武官束帯に背に負った平やなぐいがカッコイイ。

P1020616
天皇の両サイドを固める女性陣。
平安女性最高の礼装物具装束で気合入ってます。
髪を結い上げて宝冠をつけ、
裙帯に比礼つきと
通常の女房装束よりもゴージャス度がUP。

P1020615
物具装束の藤典侍と女房装束の中将更衣。
左方の方人(応援する人)なので装束は暖色系

P1020618
右方の方人は寒色系で。
物具装束の橘宰相と女房装束の弁更衣。
(女房方の名は展示のキャプションを参照)

物具装束…着てみたい…
というか人が着て"動いているところ"を見てみたいな。
等身大マネキンさんが着ているのは見たことがあるので。



【参考文献】

【楽天ブックスならいつでも送料無料】陰陽師(7) [ 岡野玲子 ]

陰陽師(7) [ 岡野玲子 ]
価格:833円(税込、送料込)

天徳内裏歌合の様子が漫画で読めますよw



あ、、写真ベタベタ貼ってたら長くなってしまったので
次回も時雨殿一階のネタで…(;´Д`A

« 装束満喫京の旅(5) 天竜寺~竹林の道~時雨殿 | トップページ | 装束満喫京の旅(7) 時雨殿で若菜つむ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。