フォト
2023年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

風俗博物館の写真

  • 6:かさねの色目6
    平成21年3月24日
無料ブログはココログ

« 美し国伊勢の旅 一日目 | トップページ | 美し国伊勢の旅 宿『季さら』(2) »

2014年6月 9日 (月)

美し国伊勢の旅 宿『季さら』(1)

宿は鳥羽の安楽島(あらしま)にある
『懐古ロマンの宿 季さら』を予約。
客室数が10室ですべての部屋が
完全に独立した離れになっています。
お風呂は共同浴場が無い変わりに
全室に内風呂と露天風呂が完備された
かーなーり贅沢なお宿(*´∀`*)


16時チェックインでお願いしていて、
予定通り着くハズだったんですが…
カーナビが変な所に案内してく れまして10分ほどロス(´Д`;)
今年の一月に旦那さんが買った新車の
カロッツェリアのカーナビなんですけどヽ(`Д´)ノ
敷地内に車を入れましたら
ワラワラと宿の方が出てきてくださいました。


ロビーでウェルカムドリンクをいただきつつ記帳。
ドリンクは選べて、コーヒーor抹茶orオレンジジュースだったかな。
ムスメっこもオレンジジュースをもらってご満悦でした(・∀・)
お茶菓子はわらびもち。
5月半ばとはいえ 夏を感じさせる暑さだったので、
涼を感じながら美味しくいただきました。

そうそう、女性は色浴衣が選べます。
サイズはフリーのみ、帯は作り帯タイプとフツーのがあって
フツーの帯を選んじゃっ たんですが
作り帯 にすればよかったと後で後悔…

P1020227_1
案内されたのは 「水の季」というお部屋でした。

P1020100
和室(琉球畳で小洒落た感じ)とベッドルームの二間、
ベッ トはセミダブルx2で
添い寝しやすいように最初から二つくっつけてありました。
ちなみに三人目~は和室でお布団でした。


このお宿に決めたポイントの一つである、部屋のお風呂。

P1020198
内風呂は大人3人で入っても余裕がありそうな広さ。

P1020205
露天風呂は陶器タイ プ。
こちらは親 子二人で入っても十分の広さで した。
お風呂からの眺めは木の壁があってイマイチ…というか
何も見えないです(;^ω^)
常時お湯が出続けていて24時間いつでも入れます。
私は夕食前・就寝前・ 夜中・早朝と計4回も入っちゃいましたw
もちろんお湯はどちらも温泉で、
『枕草子』に登場する七栗の湯と しても有名な
社宮司温泉(榊原温泉?)の持ち込み湯です。
残念ながら掛け流しではなく循環タイ プになります。
榊原温泉といえばとろっとしたお湯が特徴ですが、
そんなにトロっとした印象はありませんでした。

洗面&脱衣所はかなり広くてエアコンとテレビが完備。
お風呂が24 時間いつでも入れるだけあって
タオルはどっ さり、バスローブもありました。
バスアメニティはミキモト、化粧水等はPOLAで
女性用は小瓶サイズのものが各自の巾着袋に入っていました。

早速ひとっぷろ浴びてお借りした浴衣にお着替え。
浴衣本体はなんとか着られましたが、
帯が説明書き見て何度やりなおしても綺麗にできぬ('A`)
仕方ないのでテキトーに締めて羽織を着て誤魔化すw
ムスメ用に極小サイズの浴衣もありましたので
さっそく 着せてみると我が子ながら
むちゃくちゃかわいくて親バカスイッチON
大人用にはもちろん普通の浴衣と作務衣、
足袋なんかも備えられてありました。


お食事編へとつづく…

« 美し国伊勢の旅 一日目 | トップページ | 美し国伊勢の旅 宿『季さら』(2) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。