フォト
2023年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

風俗博物館の写真

  • 6:かさねの色目6
    平成21年3月24日
無料ブログはココログ

« 十二単の着付け | トップページ | 美し国伊勢の旅 宿『季さら』(1) »

2014年6月 8日 (日)

美し国伊勢の旅 一日目

『前置き的な何か』

他界済みのため頼れない実母に代わって、
出産直後からなにかとお世話になりまくりのお義母さん(姑さん)。
今までのお礼&今後も宜 しく!という気持ちを込めまして
旦那・私・ムスメ&お義母さんの計4人で
5月GW後の某土日に一泊二日で伊勢旅行に行ってきました。



『一日目は神宮参拝』

早朝イヤイヤを発動したムスメっこに
手を焼きつつなんとか自宅を出発。
途中旦那さんの実家に寄って
お義母さんを回収し伊勢へと向かいます。
外宮からお参りするのが正式!ってのを
遷宮後から雑誌等でやたらと見かけますが、
混雑回避のために内宮周辺の駐車場に
朝の9時頃までに車を入れてしまいたかったので
先に内宮から参拝いたします。

P1020011
まだおはらい町の人通りもまばらです(*´∀`*)


買い食いはお参りの後で!
とりあえず内宮を目指します。

P1020039
天気がいいので手水は五十鈴川で。


昨年の8月、お白石持ち行事の際に来て以来
遷宮後は初のお伊勢参り。

P1020047
新しい御社殿の白木がまばゆいばかりでとっても綺麗です。

P1020053
正宮はそれほど混雑していませんでしたが、
荒祭宮ではまさかの大行列が^^;

P1020055
もう古社殿は撤去済みでした。

風日折宮は新しいお宮を造っている最中で、
木槌の音が森の中響いてました。



参拝を終えておはらい町&おかげ横丁へ。
今日の宿は夕食が量が多いと評判の所でしたので、
ちょっと早いですが11時過ぎに昼食。
お店は定番の『すし久』で。
旦那さんとお義母さんはてこね寿司を注文、
私は麦とろ御前を頼んでムスメっことシェアしまし た。
麦飯とろろが気に入ったのかモリモリ食べるムスメっこ…
私のが…(ノД`)

P1020081
スイーツは赤福本店の向かいで赤福氷。

昼食後おはらい町&おかげ横丁をぶ~らぶらして
気がついたら結構時間が経っておりまして
駐車場へと戻り外宮へと向かいます。

P1020087
手前が古社殿、奥がおニュー。
新旧が一度に見渡せ20年の歳月を一気に感じることができます。

P1020090
旧社殿の御門。
お屋根の苔生しっぷりが素敵です。
20年でこんなにもなってしまうんだなーと。


外宮の別宮では
多賀宮は既に遷宮済み、
土宮は絶賛建築中、
風宮はまだ手付かずという
三様が見られて面白かったです。


せんぐう館にも行きました。
こちらは外宮をメインに式年遷宮について
紹介している博物館(という位置づけでいいのかな?)。
個人的にツボったのが大工道具類。
紹介されている大工道具が
中世の社寺縁起絵巻とかにでてくるようなものばかりで、
それらが平成の今でも現役で使われている事に感心しました。
リアルな渡御行列模型の前でうっとりしていたり、
実物大の外宮正殿原寸大模型の前で
学芸員さんの解説に耳を傾けたり…していたら
結構時間が経ってしまい…

そろそろ宿へと向かわないと
お願いしていたチェックイン時間に遅れる!
という時間になってしまったので
当初予定していた外宮⇔伊勢市駅間の
お土産屋さんの散策は無しに(;^ω^)
宿に電話してチェックイン時間を
遅らせるって手ももちろんあったのですが
みなさまお疲れでしたので、
無理に散策しなくてもいいや~みたいな。。。
こういう事態になるから「外宮から参拝><!」って
キャンペーン打ってるんだろうなーと
ちょっとだけ思った(´・ω・`)

« 十二単の着付け | トップページ | 美し国伊勢の旅 宿『季さら』(1) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。