フォト
2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

風俗博物館の写真

  • 6:かさねの色目6
    平成21年3月24日
無料ブログはココログ

« どうしようかな七五三 | トップページ | 【思い出話】マタ旅de香川&徳島1【2012年】 »

2014年5月21日 (水)

【思い出話】時代やで細長体験【2013年】

2013年の秋に京都の嵐山にある変身スタジオ『時代や』さんで
細長が格安で体験できるキャンペーンがありました。
確か通常の1/3ぐらいのお値段で、
通常がそうそう手が出る金額ではなかったので、
「こ・れ・は、行かねば!!」と思いソッコー旦那さんを説得。
すぐさま予約の電話をいれました。

京都へは日帰りで行くことが多いのですが、
その時は一泊二日で行きました。
体験日の前日に京都入りしていましたが、
その夜は台風が直撃し記録的大雨で
一晩中携帯が避難勧告だかでフィーバーしていました(´Д`;)
(幸い宿泊ホテルは対象外でした)
翌朝確認の電話をかけようと思った矢先に
お店の方からお電話をいただきまして、
無事営業されてるとの事でしたのでホッとしました。
台風の影響で交通網がめちゃくちゃでしたから
日帰りで予定していたらキャンセルせざるをえなかったでしょう。。
前日に京都入りしていて幸いでした。



前置きが長くなりました。
時代やさんの細長は紫と山吹の二種類。

おのれの実年齢を考えたら紫だよなぁ~と思いつつ
『源氏物語』の衣配りで光の野郎が玉蔓の君にとチョイスした
山吹の細長も着てみたいぃぃ~と
ぐるぐるぐるぐる直前まで悩んだ結果山吹にしちゃいました。

Img_20130918_0003_2

P1000744_1_2
結果は…やはり二十歳そこそこの女性にと選んだ色なだけあって
三十路オーバーには色目が若い印象w
それに自分自身が割と地味好きなので、
出来上がった写真を見てやっちまったなーとちょっと思いました(〃ω〃)
とはいえ、 とっても華やかで可愛らしい色目の細長でス・テ・キです。

P1000757_1_2

Img_20130918_0001_3_2
細長の特徴といえばなが~く引きずった裾。
清少納言の枕草子に「さもいひつべし」と
書いてあるくらい、ほそーくながーいです。
まぁ、、平安時代の『細長』が実際どういう形だったのかは
実のところ不明なんですけどね(゚д゚lll)

ちなみにこの頃1歳になったばかりのムスメっこは旦那さんに抱えられて
白塗りの私を怪訝そうな顔で見てました。
「声はかーちゃんだけど何この白いの・・・」みたいな感じでw
泣かれなくてホントよかったです(;´Д`A

細長体験後、 お店の2階で写真を待っている間に
公式サイトに写真が載っていないため気になっていた
子供用プランの汗衫(かざみ)の見本写真を見せていただきました。
確か赤系の夏の汗衫仕立てで、とても可愛らしかったです(*´д`*)
いずれムスメっこに着せてみたいな。



【おまけ】

その日の桂川。

P1000767_2

時雨殿まで行ってみましたが、 流石に休館してました。

« どうしようかな七五三 | トップページ | 【思い出話】マタ旅de香川&徳島1【2012年】 »

旅行・地域」カテゴリの記事

平安装束体験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« どうしようかな七五三 | トップページ | 【思い出話】マタ旅de香川&徳島1【2012年】 »