フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

風俗博物館の写真

  • 6:かさねの色目6
    平成21年3月24日
無料ブログはココログ

« 整体に行ってみた | トップページ | 5ヶ月になりました »

2013年2月 1日 (金)

お雛様解体新書【女雛編】

間があいてしまい、気がつけばもう2月!
節分過ぎれば本格的にお雛様シーズン到来ですね。
我が家のお雛様を細かく紹介していきます。

買うまでは「雛人形」とある意味呼び捨て(?)でしたが、実際届いて飾ってみると思い入れというか愛着が出てくるものです。
自然と「お雛様」と敬称で呼んでしまいます。


まずはお雛様の肝、女雛をご紹介。

Dsc05322_1

結果から言うと、購入したのは最初に行った人形屋で「一番すてき!」と思ったこのお雛様です。
一目惚れ…になるのかなぁ?
他の店に行っても基本この雛人形基準で見ていました。
で、色々見て回れば回るほど、この子が良いなぁ~と…
値段もすてきな事になってしまいましたが…後悔はしていない!(`Д´)

自分本来の趣味だと青系や紫系が好みですが、あくまでも赤様のお雛様…
可愛いらしさを念頭に入れて選びました。
かといってピンク系は絶対イヤでしたがw
赤系の唐衣と五つ衣、萌黄の表着と単が派手すぎず地味すぎずで気に入ってます。

Dsc05320_1

衣装着の雛人形の目って一般的にはガラス(?)が入れてあるそうですが、これは筆で書き入れた「書き目」です。
ちょっと雰囲気がやわらかい感じがします。
ちなみに、自分日本人形に限らず人形系は苦手なんですが(なのに雛人形は欲しかった人)自分で選んだこのお雛様は大丈夫のようです。
あー、でも夜に飾ってある和室に入る際は一声かけたりいきなりは目を合わせないようにと気は使ってるかも…(^-^;
余談ですが、お義母さんに買ってもらったつるし雛…市松人形になる可能性もあったんですが、全力でお断りさせていただきました。
幸いお義母さんも、そのへんわかってくれる人だったので助かりました(;´▽`A

Dsc05266_1

お顔を別角度から。
髪型はコダワリの垂髪です。
製作された人形工房ではこの髪型を「古典下げ髪」と呼んでいました。
あと「割り毛」とも呼ばれることも。
このへんは人形界の業界用語みたいなものですかね。
人形屋さん曰く、おすべらかしよりもこの髪型の方が技術的には上なんだとか。
素人目にはおすべらかしのあの形にするほうが大変そうって思うのですが、どうもそうではないみたいです。

Dsc05277_1

重ねの色目は…なんだろね…紅梅の匂かな?(゚ー゚;
唐衣は三重襷地向蝶丸、表着は亀甲地に蝶をモチーフにした窠紋(ごめん正式名称わからんw)五つ衣と単は幸菱のようです。

Dsc05271_1 Dsc05273_1_2

檜扇の裏表。
裏にも本物(人間用)同様に絵が描かれてあり、
しっかり作りこまれているなぁとニンマリ。

Dsc05274_1

扇を取るとこんな感じ。
本着せじゃありませんが、裾や袴の紐の処理の仕方が結構自分好みです。
そういえば袴のビニールはどうしたらいいんですかね?
人形屋さんはこのまま飾り付けていっちゃったし…
取ろうかとも思ったんですが、結構しっかり付いてるので無理して袴がグチャグチャになったら嫌すぎるので付いたまま…
皆さんどうしてるんでしょ?

Dsc05280_1

横からのお姿。
雛人形のサイズは京九番と呼ばれるもの。
っても具体的にはわからないですよね。
私はわかりませんw
下の親王台が計ったら33cmでした。

Dsc05281_1

後姿。
髪の毛が…髢で継ぎ足してる感満載ですねw

Dsc05284_1

裳がちょっと地味!?と思ったけど、ペロッと折り重なっているところを見てみたら定番の桐竹鳳凰の摺り裳でした。
見えないところもしっかり!というかソコは見せたほうがいいんじゃ!?と思ったりw
モザイクかけてますが、裳の大腰の部分に金で赤様の名前が入ってます。

Dsc05227_1

ちょっと見え辛いかと思いますが、手。
爪にピンクで薄く色が入れてあって、しかも関節部分に皺がある!
かなり芸コマな手です。
リアルすぎてちょっとビビリますw

ホントはもっと色々めくったりとかイジリたおしたいんですが、一応赤様のものなのでこのへんで自粛…
赤様が触る前に私が破壊してしまったら元も子もないので(;゚∇゚)



次は男雛を紹介しますね。
軽視されがちな(女雛に比べて)男雛ですが、結構見所満載なので乞うご期待!

« 整体に行ってみた | トップページ | 5ヶ月になりました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

雛人形」カテゴリの記事

コメント

この髪型はおおすべらかしより難しいということはありませんよ。
それはまちがいです。
大雑把にいうとおおすべらかしはこの髪型にかつらを当てて髪に糊を打ちあの形にしていくので技術面では格段に難易度があがります。

販売店さんもいい加減なこと言わないでほしいですね。

>通りがかりさん

レス遅くなってすみません…
コメントありがとうございます。

販売店さんからいただいた人形工房元が出したリーフレットにも
垂髪>おすべらかしで難易度が紹介されていました。
おすべらかしの雛人形も作られている工房なので、
こちらの工房ではそういう扱いなのかもしれませんね~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 整体に行ってみた | トップページ | 5ヶ月になりました »