フォト
2023年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

風俗博物館の写真

  • 6:かさねの色目6
    平成21年3月24日
無料ブログはココログ

« 雛人形の下見 ~その3~ | トップページ | 掘り出し物なのか間違いなのか »

2012年11月27日 (火)

雛人形の下見 ~その4~

日を改めまして、次に行ったのは東海市の『人形のかに江』さん。
ネットで検索していたら『雛人形の下見 ~その1~』でキュンときた雛人形を作った人形工房のものがこちらでも販売されているようでしたので見に行ってみました。


一階が親王飾りの比較的お値打ち品、二階が所謂作家モノや段飾りだったと思います。が、ほとんどお目当ての雛人形に直行だったのでうろ覚え…(^-^;
これまた店員さんが熱心に色々と説明してくれました。
先のお店で見たものとはまた別の装束があり、目移りしますねぇ。

Camerazoom20121124120415603_1
カラフルな男雛の袍も悪くはないけど、
黒の袍も良いよねぇ~(*´Д`*)







…四件ほど人形屋を回ってみた感じとしては…
普及品というか安価なモノで垂髪&有職織物の装束という条件を満たしているお雛様はなさそうです。
垂髪がマイナーすぎるためか、作家モノで相当こだわりを持って作られているものしか無いのではないかと思われます。
東京の浅草橋・大阪の松屋町・埼玉の岩槻や京都に行けばまた状況は違ってくるのかもしれませんが、流石にそこまで行くのは無理w
おすべらかし&有職織物ならちょっと値が張りますが結構ありました。

と、いう事で、恐らくこれ以上人形屋めぐりをしても収穫を見込めそうにないのでとりあえず雛人形の下見は一旦終了といたします。

« 雛人形の下見 ~その3~ | トップページ | 掘り出し物なのか間違いなのか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

雛人形」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。