フォト
2023年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

風俗博物館の写真

  • 6:かさねの色目6
    平成21年3月24日
無料ブログはココログ

« 雛人形の下見 ~その2~ | トップページ | 雛人形の下見 ~その4~ »

2012年11月26日 (月)

雛人形の下見 ~その3~

吉浜人形さんを後にし、次に向かったのは碧南市の『碧南人形』さん。
雛人形製造元の『天鳳堂』さんの直営の販売店です。

実は今回雛人形を買うにあたって、妊娠中から色々とネットで調べまくっていたわけですが、天鳳堂さんのサイト内の『天鳳堂資料室』にある「ひなまつりとひな人形に関する知識」はかなり勉強になりました。
あと他社ですが『十二段屋』さんの『ありきたりでない雛人形の選び方』。
結構ぶっちゃけていて読んでて面白かったですw


脱線しました。
碧南人形さんは二階の奥に木目込み人形を展示されていましたが、あとは一・二階とも衣装着の雛人形が所狭しと並んでいました。
今までの経験から自分で店内を一通り回ってみても時間のロスにしかならないので、いきなり店員さんに垂髪の雛人形があるか聞いてみることに。

すると…

今店内にあるものはすべて「おすべらかし」である(木目込み除く)

が、

垂髪(店員さんは「わりげ」と言われていた)の頭に差し替えることが可能。

しかし、

今日は人形の頭担当の者が店にいないのでお見せできない。

えぇぇぇぇぇっぇええぇえぇΣ(゚д゚;)

なんてこったいorz


ちなみに有職織物に関してはかなりの数が置いてありました。
頭を変えられるという事で(流石製造元!)、垂髪頭を妄想しながら店内のお人形さん達をあれこれと見せてもらいました。

Dsc04693_1
こちらのお店の雛人形は「本着せ」といって装束を本物と同じように仕立てて、人形に着付けているとの事。(普通は上半身と下半身別々で作られている事が多い)
一瞬、雛人形とは別にコレが欲しいと思ってしまったw
売ってくれるか聞いてみればよかった…(後悔その1)


↓店内を見て回ってる際に見つけた、ちょっと…いや…かなり気になったもの

Dsc04709_1
売り物かどうか聞いてみればよかった…(後悔その2)

垂髪頭の実物を拝見することが出来なかったのが非常に悔やまれますが、『碧南人形』さんは私的にかなりポイントの高いお店でした(゚▽゚*)

« 雛人形の下見 ~その2~ | トップページ | 雛人形の下見 ~その4~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

雛人形」カテゴリの記事

コメント

以前S大で雅楽をされてた頃、カルチャーでK教授に源氏を。現在もですが。貴女のことをお聞きしてたので赤ちゃんが産まれて、そのメロメロぶりに安心してます。亡くなったお母様も、遠いところからみて喜んでられますよ。私も二人の娘がいます。おばあちゃんになってもおかしくない年齢ですが、まだその気配もなく。赤さま、風邪に気をつけてね。

>枕さん
わぁ、お久しぶりです!お懐かしや!
K先生はお元気ですか?
書き込みありがとうございます(*´Д`*)
赤を平安好き…とまでいかなくても、平安時代に慣れ親しんでくれるようあれこれ画策する日々です。とりあえず読書初めは「竹取物語」でw

還暦を去年終えましたが相変わらず自分は若いという思い込みは健在ですよ。ただ物忘れ、頭頂部がさみしくなりました。 地下鉄や電車内で携帯が離せないママをみます。そんなふうにはならないでね。赤さまですよね、ほんとに。
覚えてくださっていてうれしいです。

>枕さん
1年で職場復帰するため1歳になったら保育園に入れる予定というのもあって、赤が自分に意識を向けているときは、なるべく他事をしないで赤に向き合ってあげたいなと思ってます。
おかげで家事放置気味ですが(゚ー゚;

と、言いつつ授乳中に時々タブレットでネット見ていたり…反省。

この記事へのコメントは終了しました。

« 雛人形の下見 ~その2~ | トップページ | 雛人形の下見 ~その4~ »