フォト
2023年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

風俗博物館の写真

  • 6:かさねの色目6
    平成21年3月24日
無料ブログはココログ

« ふたご卵 | トップページ | 秋をたずねて三千歩 »

2012年11月13日 (火)

雛人形の下見 ~その1~

先日の日曜日、旦那さんが「雛人形でも見に行く?」と言ってくれたので雛人形の下見に行ってきました。


カタログを見た感じ私的本命の安城市にある『人形の金魚屋』さん。
1階に破魔矢・羽子板の正月飾りと親王飾り(収納タイプ?)のお雛様、2階が段飾り等で3階に親王飾りと木目込み雛人形が展示されていました。

お目当ての垂髪・有職織の装束を着けた雛人形は3階。
まだ11月上旬でしかも雨が降っていたからか、店内には他にお客さんがおらず店員さんの説明付でじっくり見て回ることが出来ました。

Dsc04462_1
女雛の装束がすごく素敵でムネきゅんしたお雛様。
しかし、お値段もムネきゅん価格(心臓に悪い的な意味で)

Dsc04464_1_2
良く似ているけど男雛の装束の柄はこっちのほうが好みだなぁ~

Dsc04469_1
旦那さんがコレ可愛いねと言っていたお雛様。
装束の色合いが優しく柄が雪ウサギ風で確かに可愛いのだが、有職紋様縛りプレイ中なのだよ…

他にも有職織物を使った雛人形が結構ありまして、装束は素敵だけど女雛の髪型がおすべらかしで首挿げ替えたいなぁと思いながら見てました(゚ー゚;
マイノリティは選択肢が少なくて辛いぜ…
そうそう、皇室の御装束を模した雛人形も何点かありました。

店員さんに買い時をうかがったら、1月以降はどんどん売れてく一方なので12月中旬ごろが一番品数も多くおススメとの事。
またその頃にうかがいたいです。

« ふたご卵 | トップページ | 秋をたずねて三千歩 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

雛人形」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。