フォト
2023年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

風俗博物館の写真

  • 6:かさねの色目6
    平成21年3月24日
無料ブログはココログ

« 花と大仏 | トップページ | 白と青の世界(2) »

2011年4月18日 (月)

白と青の世界

今月16日に全線開通したばかりの
立山黒部アルペンルートに行ってきました。

と言っても急遽思いついた日帰り旅行なので、
全ルート制覇は時間的にムリだろうと判断。
今の時期なら雪の壁だろJKって事で
富山県側の立山-室堂をじっくり堪能することに。

Dsc01486_1

深夜に家を出て、立山駅についたのが早朝6時頃。
駐車場が既に車で埋めつくされてて焦る焦る。
ケーブルカーの駅まで向かうと
まだ開いていない切符売り場に長蛇の列がΣ(゜ー゜;)
切符にて指定された便は始発ではなく次の便でした。

美女平駅で高原バスに乗り換え。

う~ん、なんか空が白いよ?
天候イマイチなの…か…?(´;ω;`)

Dsc01493

さにあらず。
標高を上げ、雲の中を通り過ぎると…

そこは…

青と白の世界!!!

Dsc01497

Dsc01510

雪の壁がバスより高いよSUGEEEEEE!!

コーフンのあまり写真取りまくったんだが殆ど白一色で
何じゃこりゃな写真ばかりだったという罠^^;

小一時間ほどバスに揺られ室堂ターミナルに到着。

高原バスの中では立山アルペンルートの見所や
立山にまつわる伝説をDVD(?)で延々と紹介されていました。
その中の立山開山にまつわる伝説で
奈良時代の佐伯有頼なる人物を紹介していたのですが
「ありより少年、ありより少年」と連呼していたものだから、
みずら結った十代の美少年妄想していたのにさ。。。


室堂ターミナルにあるこの像はあんまりだよぉ…(;´ρ`)

Dsc01516

ちょっと胸板厚すぎるでしょう?^^;

→佐伯有頼(うぃきぺでぃあ)


思ってたより記事長くなりそうなんでぶった切ります。
待て次号('Д')


拍手ありがとうございます<(_ _)>

« 花と大仏 | トップページ | 白と青の世界(2) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。