フォト
2023年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

風俗博物館の写真

  • 6:かさねの色目6
    平成21年3月24日
無料ブログはココログ

« おつかいできた! | トップページ | 天高く我肥ゆる秋 »

2010年11月20日 (土)

雲の上にてみる菊は(社乃森編 拾遺)

>>雲の上にてみる菊は(社乃森編 壱)
>>雲の上にてみる菊は(社乃森編 漆)

四国は阿波国こと徳島県にある平安情緒溢れる宿『旅殿御所 社乃森』について、
平安ヲタフィルターON状態で長々と書き綴って参りましたが、
紹介しそこねたこと含め宿泊を検討されてる方にも参考になる(?)ように、
冷静(?)に補足しときます(要はまだまだ語り足りないのデスネ)

注)あくまでも個人的な感想です。
  私は一泊一人当たり諭吉が二人以上旅立つ宿には泊まった事がない人です。
  (なので、他の高級旅館との比較はできましぇん)



【公式サイト】旅殿御所社乃森
http://www.yashironomori.jp/

 

~宿泊時の情報~
特別謝恩料金&早割りで宿泊。二名一室。
アーリーチェックインプランを利用して14時チェックイン。
有料オプションで平安装束体験(狩衣・十二単)を追加。
お香&遊び体験は特に予約せずに体験できましたが、
香体験は薫物合わせor聞香、遊び体験は投扇興or百人一首らしいので
コレがやりたい!ってのがある場合は予約時に伝えといたほうがいいのかも。
ちなみに我々が宿泊した日は重陽の節句イベントの日でしたので、
通常時と違う点も多少あるかと思います。
(舞はイベント有無関係なく毎晩、舞の種類は複数あるようです)
予約は直接宿に電話しました。
フロントの対応はとても良かったです。


~交通の便~
我々は自家用車で行ったので特に不便は感じず。
宿の方の話では最寄の駅から車で20分程かかるとの事。
最寄り駅や高速バスの停留所等からの送迎も可能らしいので、
予約の際に相談してみるといいかもしれません。

Dsc00530

~宿についてアレコレ~
建物の外観も内装も見事に平安時代していますが、
雰囲気を壊さないようにして現代の設備も充実していました。
客室には入り口側の大きな洗面所の他に、
部屋風呂用の脱衣所にも洗面台が付いており、
女性二人で宿泊しても洗面所争奪戦の心配は無さそうです。
冷蔵庫・金庫は客室に完備。
冷蔵庫内に入っている飲み物はフリー。
トイレは念ずれば蓋開くウォシュレット付きでとても綺麗でした。
アメニティも充実しておりモノも良かったです(湯殿には化粧水&乳液も)
気候が良く使用しなかったので性能は未知数ですが、
室内空調設備もちゃんと整っていました。
サービスも凄く良くて残念に思うような事は皆無。
客室担当の方が一人専属(食事の給仕含めて)で付いてくれてました。

Dsc00591

非日常的という意味ではブッチギリ、桃源郷もかくやといったトコロです。
平安時代(公家文化)が好きな方はもとより、
神社が好きな方にも全力でおススメしたいです。
ネックは交通の便と周辺にコレといった観光地が無いこと、、、、、
価値観を共有できる同行者を確保できるか、といったところでしょーか。。。
最初からお一人様価格も設定されているので
一人旅でのんびり~というのも良いかもしれませんね。


とまぁ、アレコレぐだぐだ書いてきましたが、
要は、もの凄くいい宿でした!!!って事です。
ここ数年手紙なんて書いたことがない人間が、
後朝レター出さなくては><;っと御礼の手紙なんてモンを書いてしまうくらい…

また行きたいか?と問われたならば即答しましょう「またゼッタイ行く!!」
(がむばって、お金貯めるどぉぉぉー)

以上、長々とお付き合いありがとうございました~。




※オマケという名の蛇の足※
オプションの平安装束は十二単は
井筒の…「紫の縁」などのイベントで使われてたのと
同等品と言えばわかる人にはわかるでしょーか。
4種類の中から選ばせてもらいましたが、
どうやら修復中(?)のがもう1揃あるようでした。
狩衣は2種類の中から選びました。
袴は引上げ式の指貫だと思われます。
単はありませんでした。

使用したデジカメは今回の旅行のために新調した
ソニーのサイバーショットDSC-HX5。
まったくもって使いこなせていないケド
夜景や室内がかなり綺麗に撮れて満足しておりまっす(*´Д`*)

>>雲の上にてみる菊は(洋の東西渦潮編)

« おつかいできた! | トップページ | 天高く我肥ゆる秋 »

旅行・地域」カテゴリの記事

旅殿御所 社乃森」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。