フォト
2023年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

風俗博物館の写真

  • 6:かさねの色目6
    平成21年3月24日
無料ブログはココログ

« 鳴かぬなら… | トップページ | ラーメン »

2010年9月26日 (日)

御曹司たちの…

一気に読もうとするとマジ疲れるので、
購入後ちまちまと読んでる某本。
やっと半分まできましたが、そろそろ苦痛になってきたヽ(゜ー゜;)ノ

取り上げてる素材(「雲州消息」)は相変わらず最高なんですけどね…
例によって筆者の独特な言い回しに悪酔いしまくりです。。
キーワードは「御曹司」のようなのですが、
そもそも筆者いう「御曹司」の定義がよくわからなくて…。
いわゆる公達とか貴公子の意味で使われてるんだろうケド、
中納言・大納言クラスになっても御曹司よばわりだったり、
「老御曹司」なる造語とか意味不明すぎる。
”老御曹司”の検索結果が1 件  (0.04 秒)とかもうねw


藤原明衡(?-1066)が編纂した、
当時の男性貴族の消息(手紙)文例集である、
『雲州消息(明衡消息・往来)』そのものはものすごく興味深いです。
成立時期は未詳のようですが、
藤原頼通とほぼ同時代の人なので
(このブログ的にに言えば行成の息子世代)
当時の男性貴族の思考回路が窺える、
かなり美味しい資料なんですよね。
ただ、ネットで検索してみた感じ
手ごろな価格で手に入る注釈書はないようで非常に残念です。。。

ぶっちゃけ、筆者の解説文があまりにもアレすぎるんで、
ちょっと人に薦めるのは躊躇しちゃうんですが、
「白文」「書き下し」「現代語訳」が載ってるので、
創作等のネタ収集用としては使えるんじゃないかなーと思います。

« 鳴かぬなら… | トップページ | ラーメン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。