フォト
2023年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

風俗博物館の写真

  • 6:かさねの色目6
    平成21年3月24日
無料ブログはココログ

« 皇室の名宝 | トップページ | マンガ日本史6 »

2009年11月17日 (火)

皇室の名宝+α

んで、続き。

行成に始まり行成に終わった皇室の名宝展ですが(自分の見学順路的に)
他にも興味深い展示品が多数ありました。

天子摂関御影図
  あまりにも見事な似顔絵っぷりが素敵。
  なんというか…美化して描こうって意識が感じられないところが好きだw
  摂関の方も見たかったなぁ

春日権現記絵巻
  ナマ春日さま(*´Д`*) 
  木々に雪がうっすらかぶった山の描写とか神がかりすぎ。
  見たいと思っていた場面はなくてちょっと残念。

藤原定家筆 更級日記
  学生の頃これの影印本には御世話になりました。

花園院宸記
  儀式の絵もご自分で描かれたのかしらん。
  もの凄く上手いんですが!

他にも色々とありました。
開幕かっ飛ばした正倉院御物周辺に戻ってみると
すっごい人だかりになってて近寄ることもままならず、
人の頭越しに見るのがやっと。
あと蒙古襲来絵詞の前はヤバかった。
覗き見る隙間すらない密集度…大人気杉。

一日ココで過ごす!ぐらいの勢いで来ましたが、
あまりの人の多さに疲れてしまったので名残惜しいが特別展会場から離脱。
ラウンジであんみつ食べつつ一息ついて、常設展を見学。
常設展っても流石天下の国立博物館、
地方で特別展^^と銘打てば十分に人集められそうなモノが
しれっと展示してあるから侮れない。。


あと、駆け足でしたが『冷泉家の和歌守展』も見てきましたっ

最初の家祖コーナーの背景がドピンク(桜色と言って下さい)で度肝抜かれました。
そこに俊成・定家・為家の肖像画がぶらさがってるわけですよ。
ピンク色の世界でふぁんをお出迎えとか、演出がはんぱないです(;´ρ`)
後期はピンク色の世界にあの小難しい顔した定家の肖像画が
展示されるのかと思うと…
…うは見たひww
そしてやっぱり藤原俊成さんの字は冴え冴えとして美しい!!
でも背景がピンク…(しつこいw)
まぁ、ピンクいのはそこのコーナーだけで後は普通でした多分(´・ω・`)

時間がホント無かったのでかーなーりすっ飛ばし。
とりあえず…
風躰抄と古今と明月記と公卿補任と定家人形見られたので良いか~と。
京都展ではじっくり見させていただく!!

グッズコーナーはホント凄かったw
定家大人気っすねwwww
いっそぬいぐるみでも作ればよかったのに…
とりあえず根付は買ったゼw

« 皇室の名宝 | トップページ | マンガ日本史6 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。