フォト
2023年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

風俗博物館の写真

  • 6:かさねの色目6
    平成21年3月24日
無料ブログはココログ

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月の11件の記事

2009年10月29日 (木)

始まりは…

週刊マンガ日本史、遅れ気味に2と3購入。
他の週刊百科系とは異なる隅っこの足元のほうの目立たない所に
コッソリ平積みしてあって、あまりの本屋の売る気のなさにびっくりです。

聖徳太子が未来(現代w)に想いを馳せちゃったりして、
毎度毎度このノリだったらやだなーと思ってしまいましたが、
中大兄皇子はそんなこと無くて一安心。
しかし、斉明天皇と鎌足の割れアゴしか印象に残ってないんだが
それはそれでいいのだろーか。。。
マンガの中では白村江がスルーされててなんだかな~って感じです。
最近の教科書には載ってないんですかね?


次回は聖武天皇。
予告見た感じ『女帝の手記』に色塗っときました^^っぽくて、
490円の価値あるのかかーなーり不安です。
こうなったらカードに希望を託して…
藤原不比等が入ってるといいな(゜▽゜)
…今号でスルーされた天武周辺の皆さんとか、
万葉集がらみの方々が名を連ねてそうな気がします。
あああ、それに聖武ファミリー加えたら枠ないじゃんorz

そうそう、芸術新潮今月号の特集が冷泉家だったのでこちらも購入。
東京展は行けそうも無い(行成に全力投球するので;)ので慰みに…

2009年10月22日 (木)

御簾と几帳のある暮らし

毎度毎度ブログのタイトルには頭を悩まされます。
悩んだ割には結果がいつも伴ってませんが┐(´∀`)┌


さて、ネットの海をさまよってたらこんなブログ見つけました↓↓

巫女さんのアルバイト・本職求人情報 micoa

巫女さん関係の求人情報を集めて紹介しておられます。
時節柄か年末年始の助勤(バイト)巫女募集が多いですな。
昔々若かった頃に御簾と几帳と狩衣のある環境にアコガレて助勤やったのが
ふと思い出されて懐かしい気分に…。
助勤経験如きで言うのもアレですが、
巫女さんって水上の白鳥ですよね。
見た目は雅やかに見えるけど、水面下ではクソ忙しくて大変っていう。。
またやりたいな~と思っても年齢その他でアウトですが…orz
若いうちにしか出来ない事ですし、
興味ある方はやってみるのもいいかもしれません。




11月のアレは結局上京することに決めました。
やっぱ我慢できないwwww
日程は未定ですが、日帰り強行軍でもなんでもヤルゼー。

2009年10月19日 (月)

やぶさめ

熱田神宮で行われた流鏑馬見てきました。
開始1時間前に現地に到着。
運よく最前列にもぐりこむことに成功。
参拝を後回しにした甲斐がありました(をい

Yabusame2_2 Yabusame3
参道に作られた馬場を列を成して歩くご一行様。
ちょっとした時代行列状態。

Yabusame1_2

流鏑馬にはいくつか流派があるようなのですが、
今回熱田さんで行われたのは小笠原流でした。
本来、的は三箇所たてるのだそうですが、
ココでは距離がそんなに取れないので、今回は的二つでした。

Yabusame4

なかなか射掛ける瞬間の写真を取るのは難しく…

Yabusame5

手持ちのデジカメじゃこんな風になる有様…┐(´∀`)┌

ナマで流鏑馬見るのは初だったんですが、
将に人馬一体の妙技、
ただただその迫力に圧倒されるばかりでした。

2009年10月17日 (土)

拍手返信

拍手ありがとうございます<(_ _)>

続きを読む "拍手返信" »

2009年10月16日 (金)

これは…やばい

極力冷静に冷静に……

東京国立博物館で現在開催中の特別展、
『御即位20年記念特別展「皇室の名宝-日本の美の華」』
2期の展示品リストに常日頃からすっごく見たいと思っていたモノが
しれっと名を連ねているじゃありませんか。

藤原行成筆『敦康親王初覲関係文書』

注目度が行成筆の粘葉本和漢朗詠集に負けてるってのが
笑えますが(笑えネーヨ)
せめて画像上がっててくれればそれで我慢できたかもしれんけど、、

ああぁああぁぁぁ…もうこうしちゃいられん。
見たい見たい見たい見たい( iдi )
なんとかして上京する手立て考えないと。。




拍手のお返事は後ほど改めます<(_ _)>

2009年10月12日 (月)

三蹟つながりで

悲しいかな、行成に関するお祭って聞いたこと無いんですが、
(私が知らないだけで、実はあるよってな情報お持ちの方、
是非是非教えて下さいお願いしますっ<(_ _)>)
三蹟仲間で行成心の師匠でもある小野道風さんが主役(だよね?)の
お祭りはあったります。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「春日井まつり」
…小野道風出身の地、
愛知県春日井市で毎年行われている祭り。
今年は10月17日と18日の2日間にわたって行われ、
18日のパレード(道風平安朝行列)では、
小野道風は当然として、小野つながりで小野小町、
三蹟つながりで藤原佐理と藤原行成に扮した人も行列に加わるとか云々。

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

コノお祭りの存在は以前から知っていましたが、
実は見に行ったことが無いです。
多分今年も行かないです。
行列以外に魅力的なイベントがな熱田の流鏑馬見に行きたいので…('Д')b

ちなみに、祭りの(春日井の?)マスコットとして
ゆるキャラ系の道風くん(とうふうくん)ってのもいるそうなw
その道風くんの切手も販売されるそうで…
ちょっとこれ気になってるんだけど、
近所の郵便局でも販売してくれるのかなぁ(・◇・)?
また限定1000とか1200シートだなんて渋い数字が見えるんだが…

2009年10月11日 (日)

あつたのみや

創祀1900年記念事業の一環で本殿等修繕中だった熱田神宮ですが、
昨日の遷座祭で御神体の草薙剣が本殿にお還りになりました。
今日から18日まで奉祝行事がてんこ盛りで行われております。
ちょっと気になる流鏑馬は18日かぁ…見に行きたいな。
奉祝行事の詳細は熱田神宮の公式サイトでご確認下さい。
サイトが遷座祭にあわせてリニューアルされてて驚いたw

で、今日は臨時奉幣祭がありまして、
かしこき辺りからの勅使による奉幣と
宮内庁の楽部による東遊の奉奏がありました。
朝、お祭前に参拝してたら楽師先生方が
下見のために御垣内に入ってこられてビックリ。
始まる前からテンション上がります。


天気は実に見事な秋晴れ。
先日の台風18号が空気中の塵をすべて吹き飛ばしていったためか、
空が深く綺麗な青一色で…写真撮る余裕が無かったのが悔やまれます。

神事の最中、自分のいた所が、
現代めいたものが何一つ視界に入らない場所だったので、
衣冠を着けた神職さん方が行き来するのを見るたびに、
ありきたりな表現ですが平安時代に紛れ込んだような錯覚に陥れました。
今この時この場いられることが、ホント奇跡のようで…
うっとりというよりは半ば呆然といった感じでした。
まぁ、時折周辺から聞こえる車の音などで、
うつつに引き戻されてましたケドネ(´・ω・`)

まぁ、そんなこんなで、
文字通り「有難き事」に参加できたことに感謝(´∀`)
そして…精進します、、ええイロイロと…orz

2009年10月10日 (土)

花より鳥

ツイッターでブツブツ独りごちてましたが、掛川花鳥園に行ってきました。
広い温室内に放し飼い状態の鳥たちと触れ合える、
トリスキーには楽園のようなところです(*´Д`*)
訪れるのは今回で三度目。
前回からしばらくぶりに行ったので、色々と変わってました。
受付の位置が前に移動していたりとか。
(以前行った際はふくろう&お土産コーナーは入場料無しでも見れたのにねー…)

Coriburi

でかいクチバシがキュートなオニオオハシ
(今回いい写真が撮れなかったので前回の写真なのは内緒)
クチバシがでかすぎて前が良く見えないのか、
首かしげるようにしてコッチ見るのが可愛い。
えさ投げると器用にキャッチしてくれます(取れる範囲でw)

拍手返信

拍手ありがとうございます<(_ _)>

続きを読む "拍手返信" »

2009年10月 9日 (金)

ついったー

ブログパーツにしたら面白そうだな~ってコトで、
導入してみましたTwitter
独り言垂れ流し用です。
(ってこのブログ自体垂れ流しだは…)
うっかりフォローとやらが付かないことを祈っていたりw

まぁ、飽きたら取り下げます(´・ω・`)

2009年10月 7日 (水)

週刊マンガ日本史

180円のお試し価格だし、まぁいいか~と買ってみました。
『週刊マンガ日本史』

表紙の卑弥呼サマの雰囲気で中のマンガも描いて欲しかったなぁ~と思う。
マンガが藤原カムイなんでちょっと期待していたのだが、
編集部の意向なのか、
マンガはかなり残念な内容(内容と呼べるようなものもない感じw)
卑弥呼が云々というより単なる『週刊マンガ日本史』のプロローグでした。。

次号予告の聖徳太子が厨二病っぽいのも気になります(´ー`)


そうそう、4号の聖武天皇は里中満知子っての見て思い出しましたが、
やっと『天上の虹』21巻が出るそうです。
12月11日発売とのこと。
忘れないようにブログに書いておこう。

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »