フォト
2023年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

風俗博物館の写真

  • 6:かさねの色目6
    平成21年3月24日
無料ブログはココログ

« ああ、そうだ… | トップページ | 斎王まつり »

2009年6月 7日 (日)

家庭の事情ってレベルじゃねーぞ

行成の娘大君に関する妄想でハァハァしてたら、K様んトコで行成子息の良経に関してかなりぶっ飛んだ考察をされてるブログを教えていただきました。。
妄想やら電波やらを飛ばすのはオタの専売特許と思っていたら…それで飯食ってるケンキュウシャも負けてないのぜーっていうかなんというかいやはやもう…\(^O^)/



↓↓以下かなりコーフンしてツバ飛ばしまくってます↓↓
(御心の寛大な方のみご覧下さい。満足(?)したら取り下げるかも)

問題のブログの良経くんに関する記事、もう開幕からして???でした。。
少しコピペで引用させてもらうと、

 藤原良経(一〇〇〇-一〇五八)中将源成頼の末子。
 母後朱雀天皇御乳母(『尊卑分脈』などでは朱雀天皇御乳母)。
 実名良経。始め冷泉院皇子為尊親王養子(『権記』長保三年十月九日条)、
 のち権大納言藤原行成の実子となる(『春記』長暦二年十二月十四日条)。
 そのため同時代資料では「藤原良経」と見える。

いきなり生年が違います(;´ρ`)
長保三年(1001)八月一日です。『権記』に書いてあります。
『平安時代史事典』は不明としてますが。。
生年は書き間違いかと思ったら後日の改訂版もこのままでした…^^;

尊ピー分脈は手元に無いのでweb上で公開されてる『公卿類別譜~公家の歴史~』を参考にさせてもらいましたが、成頼の子は義経(本名章経。たぶんこの"よしつね"ってのが混乱の原因?)となってました。
実際の尊ピーはどうなんでしょうか…。

為尊親王の養子云々は確かに『権記』にあります。
「今夜弾正宮富小路、去秋所生小兒今日彼宮令養育給」ココの部分ですね。

で、次の「のち…行成の実子となる」ですが……
実子って実子って、、、ジツノコノコトジャネーノ?(・◇・)
そう解釈されてしまった元となった『春記』の該当箇所ですが、
私は『春記』持ってませんのでブログ主さんが他のページで引用されていたものを孫引させてもらうと「良経為世後子也」という言葉だそうです。
これを苦労して「良経は世尊寺(藤原行成)後子となるなり」と解釈した結果だそうです。
この解釈の真否は私にはわかりません。
が…『春記』のソコに注目して『権記』の「去秋所生小兒(去る秋所生の小児)」をスルーとか意味がわかりません。
数ページ『権記』をめくって長保三年八月一日(旧暦だと7~9月が秋)の記事見れば「登時平産男兒(仕事から帰ってきてまさに邸に上がろうとした時に生まれた)」と書いてあります。
史料纂集版なら頭注にも書いてあるのに…(´・ω・`)


まぁ百万歩譲って源章経(義経)が良経と同一人物だとして、じゃぁ何故行成は彼を養子や猶子ではなく実子として引き取る必要があったのかがわかりません。
良経より先に生まれている実経という子が既に行成にいますので子供に不自由してという事は100㌫ないでしょう。

その点も目をつぶったとして、何故宇多源氏なんてほとんど縁も無いに等しい筋の子を実子として引き取らなければならなかったのか、これまた想像もつきません。
一応、中の君の夫の源経頼は章経の父成頼の兄弟なので、娘ムコの甥っ子って事にはなりますが…中の君と経頼の結婚なんて中の君の年齢的にもっとずっと後だろうからなぁ…その頃には実質嫡子の行経も生まれてるだろうし…ますます実子格の子なんていらんじゃろ。
しかも、せっかく実子として育てた子が結局元の源氏に戻って佐々木流の祖となってるようじゃ、行成も章経を引き取って実子として育てた甲斐が無いってもんじゃないですか。

ということで、源章経→藤原良経説は…『権記』に実の父親がウキウキで誕生時のこと書いている以上相当苦しいと思います。
つか私はその説受け入れられませんw
逆に章経←良経なら無いことも無いのかもしれなくも無いが(意味フ)今ココでそこまで妄想する気力はねぇっすw



歴史好きの一考察をイチイチ取り上げて鬼の首取ったようにアレコレ批判するなよウゼーと思うかもしれませんが、そこのブログ主さん歴オタどころかT大院卒で博士号持ちで著著も複数おありなガクシャ先生のようで。。
まぁブログで書籍化するには至らないような妄想…じゃない考察を披露して意見収集するってのもアリなんでしょうな~と思っていたら良経の㌧デモ説は既に書籍化済とか…ウワァ(´д`)mjk
ラノベとか歴史小説等が史実と違うとケチつけて、センセが書いたモノはスルーってのは双方に失礼ですしね(゜▽゜)
とはいえ、流石にガクシャ先生たる本人に向かって一歴オタがご指摘申し上げるのはメンドクサイ…小心者の私には無理なんで、こうして辺境の地にある自分のブログに便所の落書きよろしく書き記してるわけですので、いちいちココの事を教えて差し上げるなんて無粋なことは絶対にしないで下さいお願いします<(_ _)>


一体何のことを話しているのかさっぱりわからない方、わからないままで全く問題がありません。
どうしても気になるようでしたら「左☆馬☆頭☆良☆経」で検索してみてください。。。

« ああ、そうだ… | トップページ | 斎王まつり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。