フォト
2023年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

風俗博物館の写真

  • 6:かさねの色目6
    平成21年3月24日
無料ブログはココログ

« おんぞーしかぁ… | トップページ | ぶらっと滋賀 »

2009年6月12日 (金)

平安貴族は何の夢をみるか?

『平安貴族の夢分析』読み終わりました。
夢について、心理学や脳生理学(どっちかっていうとこっち?)の見地から読み解こうとされれた、、のかな?私はそっち方面まったくわからないので、具体的な夢の分析内容については…(´・×・`)

女流日記からは藤原道綱母の『蜻蛉日記』と菅原孝標女の『更級日記』、男性日記からは藤原忠平『貞信公記』・藤原師輔『九暦』・重明親王『吏部王記』・藤原行成『権記』・藤原道長『御堂関白記』・藤原実資『小右記』・源経頼『左経記』・藤原資房『春記』。
それぞれの日記の中から一つ一つ夢に関する記事(特に記主が見た夢、聞いた夢)を取り挙げて紹介・分析されています。

夢記事の多さは、現存する期間の長さや記事の量もあるでしょうが、『小右記』がダントツで、内容の濃さクオリティの高さでは行成の夢がブッチギリでした。
ネタとして紹介したくなるような面白い夢がたくさんあるんですがwww



そういえば、この本では取り上げていませんでしたが、和様漢文で神がかった表現能力をお持ちのあの御方はご自身の日記に夢記事を残されているのでしょうか?
行成に負けないくらいカオスな夢見てそうで…すごく気になる。。

« おんぞーしかぁ… | トップページ | ぶらっと滋賀 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。