フォト
2023年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

風俗博物館の写真

  • 6:かさねの色目6
    平成21年3月24日
無料ブログはココログ

« 予習中 | トップページ | 蔵書の確認はお早めに »

2009年4月22日 (水)

書店巡礼

人生(?)の遅れを取り戻す書店巡りもとうとう近場の本屋が尽きてまいりました。
残された道は名古屋に出るか、諦めてアマゾンで買うかの状態。
本屋に本(国史国文系の)が売ってない~><;
店舗面積だけは大型の書店が近所にちょこちょこ増えてますが、
品揃えの傾向がどこも同じで使えないyp

そんな苦しい書店巡礼の中、
日本史のコーナーが本棚二つ分以上ある本屋を発見!
うおぉおぉぉぉ、人物叢書が置いてあるよ!!
わーい『藤原道長 (人物叢書)』GET
他にもそっち系の本何冊か買ってホクホクで帰還(家計?何それオイシイノ?)
買いそびれた本たちよ、次回行くときまで返品されずに待ってておくれ!

そんなこんなで『京都時代MAP 平安京編』もGET
他サイトやブログで評判良かったので欲しかったのです。
平安時代の地図(というか平安京の碁盤の目)にトレーシングペーパーで
現在の地図を重ねられるというスグレモノ。
惜しむらくは、桃園が碁盤の目からチョット外れた北にあるためか、
載ってなかったって事。
あとやっぱり行成の三条邸は載っておらず……(つД`)

この本、地図のほかに平安時代を前中後期に分けて
時代背景の説明を図録風に掲載しているのですが、
内容自体は初心者向けで非常にライトな感じです。
まぁ、初心者に安倍晴明は平安前期の人です^^って
紹介しちゃっていいのか気になるところではありますが。
中期は何故か源氏物語ツアーになってましt
後期の院政期は自分バッチリ初心者なのでしっかり読ませてもらいます!!







中途半端に話は変わって、
そろそろ書道史関係の本にも手を出さなきゃいけないかしらんと思う今日この頃。

私、書に関してはからっきしというかもう絶望的にダメダメなんですよ。
なので、行成の書の…ぶっちゃけ何が素晴らしいのかよくわかってないんです。
(言っちゃった;;;
いあ、もちろん素敵だな~とか上手いな~とか欲しいな~ってのは思うんですけど、
それって自分ただ単に「大好きな行成さまv」が書いたからそう思ってるだけなんじゃないかと。
具体的にどういう理由で書の和様を大成した三蹟の一人として彼の書が挙げられるに至るのか、何故ああも当時の人たちからもてはやされているのか、客観的に見た彼の書の素晴らしさって一体何なのかがわからないんです○| ̄|_
(ちょ;ごめん;「オマエ行成ファン辞めろよ」とか言わないで( iдi )



って事で、本屋で書道史関係の本を見てみた。

A本…行成の事が2ページ弱で終わってた。
B本…筆さばきが如何に見事か具体的に説明していくうちに
   著者自身が行成の筆跡で興奮してるのが伺えてちょっとこの本欲しいと思った。
   でも行成の事は5ページぐらい。
C本…漫画で見る日本書道史といった感じ。
   行成のイラストが精神的ブラクラだったのでそっと棚に戻した。



B本の該当箇所をコピーしたいと思いました!

ド素人にもわかりやすい書道史関連の良い本がありましたら教えてください<(_ _)>

« 予習中 | トップページ | 蔵書の確認はお早めに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。